お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

チリ産、ノルウェー産の鮭には寄生虫のアニサキスよりも怖いものが入っている

回遊魚である鮭には、どうしても寄生虫のアニサキスがついてしまうので、昔は鮭を生で食べることはありませんでした。例外的に「氷頭なます(ひずなます)」にして食べることがありますが、これは氷頭、つまり氷のように透き通っている鮭の鼻先の軟骨の部分を塩でシメてから、さらに酢洗いし、再び酢に漬けてしばらく置いてから食べるという方法で寄生虫を殺していたのです。しかも、鮭の頭の部分は魚肉ほど寄生虫がつかないので、食の安全は確保されていたといえます。

氷頭の部分にはコンドロイチン硫酸という重要な栄養素の一種であるムコ多糖類が多く含まれ、これが各関節の潤滑液になります。また余分な脂質やグルコース(ブドウ糖)の吸収を抑制する働きもします。

アニサキスなどの寄生虫は、基本的に養殖の鮭にはつかないといわれているため、天然物でなければ心配は無用なのかもしれません。また、厚生労働省の指導によるとマイナス20度で24時間以上冷凍した場合、酸やアルコールを加えて保存した場合は寄生虫が死滅するため、そのような処理をした養殖物は生食できるとされています。

以前は寿司屋で鮭のにぎりを食べることは絶対にできなかったわけですが、冷凍技術の発達のおかげで今は食べることができるようになりました。とはいっても、生食ができるのは天然物ではなく確実に養殖物なので、注意をしなければいけない点が別にあります。
 
日本に輸入される鮭の総量のうち4割がチリ産だといわれていますが、チリにおける鮭養殖には日本が関わっています。チリの鮭養殖は、1969年にチリの水産技術者が北海道を視察したことに端を発しています。
 
鮭や鱒はもともと北半球にしか生息していません。南米など、水温の高い地域での養殖は、病原菌などの感染があって不可能と考えられてきたのです。加えて、鮭の皮や粘膜に吸血寄生する「海ジラミ」という虫がいるため、やむを得ずエマメクチン安息香酸塩などの殺虫剤や、オキシテトラサイクリンといった抗生物質を大量に投与しています。
 
殺虫剤によってアニサキスなどについての安全は確保されていると考えられるかもしれませんが、養殖の鮭には「劣頭条虫」という特有の寄生虫もいるため、生食をするとこれを食べてしまう可能性があります。
 
もう一つ心配なのは、米コーネル大学の研究によると養殖の鮭には天然ものよりはるかに多くのPCB (Poly Chlorinated Biphenyl/ポリ塩化ビフェニル)をはじめとするダイオキシン類や塩素系殺虫剤などの有害物質が含まれているという報告があることです。そのためアメリカではチリ産の鮭の摂取許容量は、年間6回までという目安さえ発表されています。

なぜ養殖の鮭に有害物質が含まれるのかといえば、養殖場は沿岸部にあるため、そこに畑などでまかれた農薬に含まれる化学物質が流れ込むことが原因と考えられます。その化学物質が養殖鮭、特に脂肪部分に蓄積されているのです。
 
こうなってくると生食はおろか、チリ産の鮭そのものが安全なのかどうか疑わざるを得ない状況です。

「もうチリ産の鮭は食べないようにしよう。これからはノルウェー産の鮭にする」などと決心された方、ちょっと待ってください。ノルウェー産の鮭は、さらに危険度が高いという報告もあります。

米コーネル大学、イリノイ大学やインディアナ大学などの研究で、鮭から検出されるダイオキシンや有機塩素系殺虫剤などによる汚染とその毒性レベルが測定され、リスク分析をした結果が栄養学の米専門誌「Journal of Nutrition」に論文として掲載されています。

そこには「チリ産の養殖鮭は年6食程度を上限とすべき」という報告と同時に、「ノルウェー、スコットランド、カナダ東岸産の養殖鮭は年3食以下に抑えるべき」という報告もあるのです。つまり、ノルウェー産の鮭は、チリ産の鮭よりさらに危険度が大きいということです。

外食産業のなかには「秋の味覚」などと銘打ってノルウェー産の鮭をメニューの中心に据えているところもあります。別段、そのような店を誹謗する意図はまったくありませんが、情報は情報として取得した上で消費者が何を選択するのかは自由であるべきだと思います。

ノルウェー産の鮭ですが、スーパーなどでは「アトランティックサーモン」という名称で売られています。チリ産と同様に、養殖場では病原菌や細菌がはびこる懸念があるため、さまざまな薬品が投与されています。

そのうちの一つがエンドスルファンで、別名ベンゾエピンともいいます。エンドスルファンは、DDT(Dichloro Diphenyl Trichloroethane)、ジコホール、ヘプタクロル、クロルデン、マイレックス、ペンタクロロフェノールなどと同じ有機塩素化合物の一種で、非常に毒性が強いことで知られていますが、EUはエンドスルファンをノルウェー産養殖鮭のエサに使用することを2013年に認可しています。

それだけでもノルウェー産の鮭を食べたいという意欲が失せようというものですが、加えて、昔は見かけることがなかったような鮮やかな色の鮭は、エサに混ぜ込まれた色素のせいなのです。鮭は本来、白身の魚です。

日本で獲れる鮭は「シロザケ」といい、海に出て行く前までは、それほど身が赤くありません。海に出た後、回遊しながら小さなプランクトンや、エビやオキアミなどの甲殻類を捕食して成長していきます。それらの魚介類に含まれているアスタキサンチンという天然の色素を体内に取り込むことで身が赤くなっていくのです。

アスタキサンチンはカロテノイドの一種で活性酸素を除去する、いわゆる抗酸化作用を持っており、疲労回復や老化防止に役立つ成分として注目されています。しかし、どんなに色鮮やかに見える鮭でも、化学合成された色素由来のサーモンピンクでは、健康効果を得られません。

さらに問題を複雑化しているのは、鮭の養殖場の近くで起きている海洋汚染です。エサや、エサに混ぜられている抗生物質、抗菌剤など、病原菌やフナムシなどの繁殖を防ぐための薬品などが海を激しく汚し、深刻な事態を招いています。

アメリカの生物ジャーナリストであるレイチェル・ルイズ・カーソン氏は、1962年に著書『沈黙の春(原著:Silent Spring)』(訳:青樹簗一/新潮文庫)の中で、DDT、BHC(Benzene Hexachloride)をはじめとする有機塩素系殺虫剤と、パラチオンなどの有機りん系殺虫剤などの農薬、化学物質の持つ危険性を、自然界に生息する鳥の鳴き声が聞こえなくなるという寓話的な話になぞらえて警鐘を鳴らしています。その一説にこのような文章があります。

「人類の歴史が始まって以来、今まで誰も経験しなかった宿命を、私たちは背負わされている。今や、人間という人間は、母の胎内に宿ったときから年老いて死ぬまで、おそろしい化学薬品の呪縛のもとにある。だが考えてみれば、化学薬品が使われだしてから、まだ20年にもならない。それなのに合成殺虫剤は生物界、無生物界を問わず、いたるところに進出し、今では化学薬品に汚れていないもの、汚れていないところなど、ほとんどない。大きな川という川、そればかりか地底を流れる地下水もまた汚染している」(『沈黙の春』より)

アメリカでの発行部数だけでも150万部を超え、全世界で読み継がれてきた同書ですが、その中でカーソン氏が訴えたことは、ほとんど生かされていないように思われます。それどころか、年を追って農薬や化学物質に汚された場所が拡大し、地球上のあらゆる場所から悲鳴が聞こえるような気がします。そして、この悲鳴が治まった後、沈黙が訪れるのでしょうか。人間は自らが招いた事態の中で、「座して死を待つ」という選択をするのでしょうか。そんなことはないと私は信じています。気づいた人から自分の食生活を見直し、少しでも良い方向に向かうように努力を惜しまないようにしましょう。

 人間の体の構造は、それほど多くの動物性たんぱく質を必要としていません。全食事量のうち10%程度の動物性たんぱく質を摂取すれば充分なのです。多くの方がそのことを実践すれば、今のように大量に鮭や魚を養殖しなくても済みます。もちろん食肉生産もしかりです。そしてそのことは、私たち自身の健康にもつながっていきます。一人でも多くの方に気づいていただきたいと切に願います。

スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝