お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

酒のおつまみには、タンパク質と脂質の両方を含むものがふさわしい

「酒を飲む前に牛乳を飲んでおくと、悪酔いしない」

そんな話を聞いたことはないでしょうか。

理由として「胃壁に膜を作るから」というのですが、医学的には何の根拠もありません。

膜を作るなどということは、あり得ないからです。

ただし、酒を飲む前に胃の中に食べ物を入れておくことは、悪酔い防止のためには有益です。

「最近、どうも酒に弱くなったなぁ」

そんな風に感じるようになったら、少し飲み方を変えてみたらどうでしょうか。

胃は口腔(こうくう)で咀嚼(そしゃく)された食べ物を攪拌(かくはん)し、少しずつ小腸に送って、消化吸収を促進させます。

ところが、空(す)きっ腹に、いきなりアルコールを入れると、胃を素通りしてダイレクトに小腸に流れ込み、一気に吸収されてしまいます。

これが肝臓にとっては、とても負担になり、悪酔いの元なのです。

先に食べた物が胃に入っていると、アルコールもそれらと一緒にゆっくりと小腸に流れていくので、急に酔っぱらうことがありません。

特に乳製品には、タンパク質や脂質、ミネラルなどが豊富に含まれているので、胃での滞留(たいりゅう)時間も長くなります。

酒のおつまみには、タンパク質と脂質の両方を含むものがふさわしいと言えます。

たとえば、豆腐にしても、湯豆腐や冷や奴より、揚げ出し豆腐の方がお勧めです。

あるいは、もう一品、チーズなども加えたらどうでしょう。

定番の「ビールに枝豆」も理にかなっているのです。

枝豆にはタンパク質と食物繊維もあり、さらにアルコールの分解を助けるビタミンB₁ も豊富です。

そのほか、魚類、焼き鳥などの酒の肴(さかな)を味わいながら、時間をかけてゆっくりと飲むのが理想です。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝