お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

お酒を飲む人ほどビタミン不足に陥っている恐れがある

「焼酎は太りにくい」「蒸留酒は、痛風の原因になるプリン体が少ない」「ポリフェノールが豊富な赤ワインは体の錆びを予防する」などなど、飲酒のメリットを口実にして、晩酌を楽しんでいる人は少なくないでしょう。

確かに、酒は百薬の長という言葉もありますが、アルコールによって消費されるビタミンが多いことも事実です。

アルコール依存症患者に、ビタミンB₁不足で起きる「脚気」やナイアシン不足からくるペタグラ(食欲不振、倦怠感、皮膚炎など)など、近年では珍しくなった欠乏症が多いのは、酒の飲み過ぎでビタミンが大量に消費されることが原因となっています。

アルコールは腸で吸収されたあと、門脈を通って肝臓に運ばれて分解され、二日酔いの原因物質「アセトアルデヒド」という物質になります。

アセトアルデヒドが分解されると、今度は酢酸に変化して、全身の筋肉や脂肪組織に運ばれ、最後は二酸化炭素と水になって体外に排出されます。

これがアルコール代謝の一連の流れです。

その過程で、アセトアルデヒドを肝細胞の酵素とともに酢酸に変え、体外への排出を促すのがビタミンの働きです。

そのため、肝臓では、ナイアシン、ビタミンB₁、ビタミンB₂、が大量に消費されます。

特にビタミンB₁の消費が大きく、不足すると倦怠期や怠(だる)さが起きます。

二日酔いが収まっても、体の怠(だる)さがいつまでも抜けないのは、酒の飲みすぎで、ビタミンンB₁が不足している可能性している可能性は高いです。

なかには、ツマミは一切口にせず酒だけを飲み続けると言う、年季の入った酒飲みもいますが、そんな人ほどビタミン不足に陥っている恐れがあります。

スポンサードリンク

私が愛用しているサプリメントです。


関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝