お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

転移ガン細胞の細胞融合

細胞の融合とは、ある細胞が他の細胞と細胞膜を融合することで1つの細胞になることをいいます。

ヒトの細胞では、精子と卵子の受精細胞、筋肉細胞、そして胎盤細胞など正常の発達過程で細胞融合は見られます。

正常の発達過程以外で細胞融合という現象が見られるのは、骨髄系細胞(血液細胞)の分化過程に限定されます。

マクロファージは骨では お互いに細胞融合して破骨細胞になります。

また一般に外界の異物に反応してお互いに細胞融合し、「多核巨大細胞」になります。

これらのマクロファージがお互いに細胞融合して巨大化した細胞は、細胞外の異物の貪食能も高まります。

ここからが重要なのですが、マクロファージは、お互いに細胞融合するだけでなく、ダメージを負った組織を修復するときに傷ついた普通の細胞(体細胞)とも融合します。

そして驚くことにガン細胞(上皮性ガン細胞)とも融合して1つの細胞になるのです。

まさにマクロファージとガン細胞の「ハイブリッド」細胞が出来上がるのです。

「マクロファージ – ガン細胞」のハイブリッド細胞は、マクロファージとガン細胞の特徴を併せ持つため、マクロファージの特徴、つまり全身を巡回できるという性質を持ち、血管に侵入し、血管から出て遠隔地に転移が可能になるのです。

そして転移先ではガン細胞の特徴である増殖能を発揮し、拡大していきます。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝