お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

高タンパク質ダイエットのリスク―低タンパク質・高炭水化物の食事と長寿に強い関連性

高タンパク質・低炭水化物ダイエットは減量と血糖値の平常化の一助となり得るうえ、こうした改善は糖尿病や心循環系の病気のリスクを低減することが研究で分かっています。

しかし、高タンパク質・低炭水化物ダイエットで長生きできるのでしょうか。

米科学誌セル・メタボリズムの最新版に掲載された2つの研究は長生きできないことを示唆しています。

1つはネズミを対象にした実験で、もう1つは人を対象に18年にわたって調査したものです。

これらの研究では、いずれも低タンパク質・高炭水化物の食事と長寿に強い関連性があることが分かりました。

人を対象とした研究では、65歳を超えると高タンパク質の食事の方が長寿につながるようです。

人を対象にした研究の筆頭執筆者で南カリフォルニア大学(USC)のバルター・ロンゴ教授(老年学・生物科学)は「こうした高タンパク質ダイエットは近視眼的に発展した」と指摘。

「高タンパク質・高脂肪ダイエットで減量はできるが、長期的にはダメージを与えているかもしれない」と話します。

人を対象にした研究では、植物性タンパク質を多く摂取している人はガンによる死亡率が3倍高かったのですが、全体的な死亡率は高くありませんでした。

動物性タンパク質の摂取が多い人はどちらの死亡率も高くなりました。

他の研究でも示されているように、これは動物性タンパク質の摂取を最小限に抑えることのメリットがあるかもしれないことを示唆しています。

研究者たちは「50歳から65歳の対象者のうち、動物性タンパク質の摂取量が中程度以上の人は全体的な死亡率もガンによる死亡率もリスクがかなり高まることを研究結果は示している」と結論づけました。

ただ、65歳以上の場合は、その逆でした。

つまり、高タンパク質の食事のほうが長生きと関連性がありました。

タンパク質を吸収する能力は老化と共に衰えるようにみえるため、おそらくタンパク質をより多く摂取することが必要だからです。

ですが、その摂取方法はいくらか複雑です。

スポンサードリンク

米国人はタンパク質を夕食にまとめて摂取する傾向があります。

一方、体は1日分の量を1回で消化することはできない、とテキサス大学医学部ガルベストン校(UTMB)のエレナ・ボルピ老年学教授は指摘します。

「3度の食事に分けて必要なタンパク質をとったほうが有効のようだ。シニアの場合は特にそうだ」と話します。ボルピ氏はどちらの研究にも関わっていません。

もう一方の研究では、858匹のネズミがタンパク質と炭水化物の割合を変えた25種類のエサを与えられました。

その結果、高タンパク質のエサを食べた方がやせていましたが、長生きはしませんでした。

研究では「炭水化物に対するタンパク質の割合が減るに従って、寿命が中央値で約95週から125週へ(約30%)伸びた」ことが分かりました。

「研究結果は健康的な加齢は高タンパク質のエサを食べたネズミでは達成できないことを示している」と結論づけています。この研究はオーストラリアの研究者が行いました。

オーストラリアの研究者たちは別の種類のネズミを対象にすれば、同じ結果にはならないかもしれないことを認識しています。

人を対象にした研究は、成人6381人を18年間追跡したものです。

これらの人は18年前に全国規模で実施した24時間の食事調査に回答した人たちです。

研究は対象者を次の3グループに分けて行われました。

・高タンパク質(摂取カロリーの20%以上がタンパク質)
・中タンパク質(10〜19%)
・低タンパク質(10%未満)

50〜65歳の年齢層では「高タンパク質のグループは、低タンパク質グループに比べ、全体的な死亡率が74%高く、ガンによる死亡率は4倍以上高かった」と研究者は報告しました。

有名なダイエット専門家で高タンパク質の食事に反対する医師のロン・ローズデール氏はこれらの研究が、自身が長い間警告してきたタンパク質の摂りすぎに対するリスクを証明するものだとみています。

ですが、アボカドに含まれるような健康的な脂肪分を多く摂取する食事を勧めるローズデール氏は、炭水化物の摂取量が多いこともやはり危険だと主張し、「こうした研究を高炭水化物の食事への推奨だととらえるなら、それは的外れだ」と話しました。

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝