お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

乳酸菌の働き

乳酸菌は糖類を分解して乳酸を作る細菌の総称で、その種類は200以上です。

ビフィズス菌、ブルガリア菌、ヤクルト菌なども乳酸菌の一種で、ヨーグルトなど発酵食品の製造に利用されています。

腸内細菌としては、大腸で、難消化性の糖質を分解して短鎖脂肪酸(酢酸、酪酸、乳酸など)、ビタミン(ビタミンK、葉酸、ビオチンなど)、アミノ酸(リジンなど)を作り、人の栄養に役立っています。

腸内細菌のバランスが重要

腸内には100兆個以上の細菌が生息しています。

これを細菌叢(さいきんそう)といいます。

ビフィズス菌やブルガリア菌のように体に有用な菌もあれば、有害な作用を及ぼす菌や、有害菌が増えると有害な作用を及ぼすようになる日和見菌(ひよりみきん)もあります。

細菌叢における腸内細菌のバランスは、体調や食事の摂り方によって変わり、そのバランスの変化は体調に様々な影響を及ぼします。

年齢によっても、腸内細菌のバランスは変わります。

乳幼児の腸内ではビフィズス菌が優勢ですが、高齢期になると減少します。

ビフィズス菌などの乳酸菌は、大腸で、水溶性食物繊維、※レジスタントデンプン、難消化性オリゴ糖などの難消化性食品成分を利用して、短鎖脂肪酸を作ります。

できた短鎖脂肪酸は、腸内を酸性にして有害菌の増殖を防ぎ、腸内細菌のバランスを良くします。

このように、有用な腸内細菌の栄養源となって健康に役立つ難消化性の食品成分を、プレバイオティクスといいます。

※レジスタントデンプン・・・調理・加工したデンプン質食品中に、アミラーゼにより消化を受けないレジスタントデンプンが存在します。それらは老化したジャガイモデンプンに多く含まれます。

生菌(せいきん)を製品化したプロバイオテイクス

一方、プロバイオティクスとは、腸内細菌のバランスを改善し、体に有益な生菌を使った発酵乳などの食品をいいます。

主に乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)、ビフィズス菌、ラクトバチルスのような乳酸産生菌を使ったヨーグルト、乳酸菌飲料、サプリメントが製品化されています。

プロバイオティクスの作用は多岐にわたり、腸の健康改善、栄養素の利用を高める、免疫活性化、発癌抑制作用、アレルギー発症の緩和、血中コレステロールの低下作用などが報告されています。

プロバイオティクスがもたらす健康機能

  • 腸内環境を改善
  • 免疫調整作用
  • 発癌リスクを低減
  • アレルギーを低減
  • 血中コレステロール低下作用
  • 便通を改善
  • 血圧降下作用
  • 腸内細菌叢のバランスを改善

主なプロバイオティクスの種類と働き

種類含有食品保健効果
ビフィズス菌ヨーグルト、乳酸菌飲料腸内細菌叢のバランスを改善、整腸作用に優れ、便通を整える。
免疫力を強化し、感染症の予防、癌予防などの効果を発揮する。
KW乳酸菌ヨーグルト、乳酸菌飲料免疫力を強化し、感染症を予防する。
花粉症やアトピー性疾患などのアレルギー症状を抑える。
LG21乳酸菌ヨーグルト、乳酸菌飲料酸に強く胃内で作用を発揮、ピロリ菌から胃を守る。
腸内細菌叢のバランスを改善、整腸作用を発揮する。
ラブレ菌乳酸菌飲料、すぐき漬け免疫力を向上させ、癌予防などに効果を発揮する。
腸内環境を改善、コレステロール低下作用
ケフィアケフィアの種菌免疫力を強化し、癌細胞の増殖を抑制する。
胃腸機能を改善し、便秘を抑制する。
ビール酵母ビール酵母粉末、ビール酵母を含むビール、ビタミンやミネラルを豊富に含むマルチサプリメントとして利用される。胃腸障害や便秘の改善、糖尿病や肝臓病の改善
ブルガリア菌ヨーグルト
乳酸菌飲料
ヨーグルトの中のブルガリア菌(Lactobacillus bulgaricus)は人間の腸内には住みつけません。腸内細菌叢由来の乳酸桿菌(Lactobachilus acidophilus)やビフィズス菌を使った発酵乳が普及しています。ブルガリア菌は美味しさを加える為、これらの腸内細菌叢由来の乳酸菌と併用して利用されています。死菌から遊離された菌体成分が吸収されて免疫機能を刺激して感染や癌に対する抵抗力を高めることが期待されます。

生きた乳酸菌食品は、我が国が世界に先駆けて開発した健康食品です。

最近では、乳酸菌が腸内で良く定着するように、他の優良菌を組み合わせたり、増殖を助けるオリゴ糖を併用したり、腸内に到達しやすいようにカプセルに封入したりと工夫されています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝