お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ポリフェノール

植物の色素や苦味を作る成分

ポリフェノールは、光合成によってできる植物の色素や苦味、渋味の成分となる化合物の総称で、ほとんどの植物の葉や茎に含まれています。

その種類は、5000種類以上ともいわれています。

ポリフェノールは、色素成分であるフラボノイド系と、色素以外の成分であるフェノール酸系に分けられます。

すべてのポリフェノールは抗酸化作用を持つ

ポリフェノールは、ベンゼン環に水酸基がたくさん結合した構造の化合物です。

水酸基は、活性酸素を捕らえて消去する作用があります。

このため、全てのポリフェノールは抗酸化作用を発揮します。

さらに殺菌作用、女性ホルモン様作用、目の機能改善、アレルギー抑制、血行促進、肝機能の強化など、それぞれの種類が独特の機能を持っています。

ポリフェノールは水に溶けやすく、吸収されやすいので、摂取してから約30分後には、体内で抗酸化作用を発揮し始めます。

しかし、ポリフェノールの吸収率は高くない上に水溶性のため、たくさん摂取しても体内には ほとんど貯蔵されずに排泄されてしまいます。

即効性はあっても、その効果は2~3時間しか続きません。

そこで毎食摂取することが大切です。

毎日の食事で、色の濃い野菜などをこまめに食べましょう。

3時のお茶で疲労回復する理由

お茶やコーヒーなどの特有な苦味や渋味の成分は、ポリフェノールです。

1日の活動の合間にティータイムをとるのは、積極的に抗酸化成分を摂って疲労を回復する健康に良い習慣だといえます。

緑茶は、茶葉を加熱して酸化酵素が働かないように壊すことで発酵させていないお茶であり、数種類のカテキンを含みます。

緑茶をいれたときの淡黄色はカテキンの色であり、湯飲みや急須につく茶渋のもとでもあります。

紅茶は発酵させたお茶で、カテキンは結合して分子量の大きいタンニンとして含まれ、強力な抗酸化作用を示します。

コーヒーの苦味成分であるクロロゲン酸は胃酸の分泌を促進します。

クロロゲン酸は焙煎によって減少します。

ココアにはカカオマスポリフェノールが含まれています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝