お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ファイトケミカルとは?

最近よく耳にする「ファイトケミカル」。

ファイトケミカル(phytochemical)のファイト(phyto)とは、ギリシャ語で「植物」を、ケミカル(chemical)は「化学」を意味しています。

ファイトケミカルとは、植物が強い紫外線を浴びたときに発生する活性酸素や害虫による危害から身を守る為に作り出す機能性成分のことです。

私たちにとっても、ファイトケミカルは大変身近にあるものです。

私たちの目を楽しませてくれるカラフルな果物や野菜の色、香り、そして、辛味成分や苦味成分はファイトケミカルなのです。

ファイトケミカルの素晴らしさは、抗酸化作用で動脈硬化を防いだり、皮膚の老化を防いだり、ガンを防いだり、免疫を強くして肺炎などの感染症を防いだり、私たちが元気で生きるためのパワーを与えてくれるところにあります。

もう1つ大切なことは「人間はファイトケミカルの遺伝子を持っていないので、ファイトケミカルを自分で作れない」ということです。

そのため、私たちはファイトケミカルのパワーを野菜や果物から摂取する必要があります。

ファイトケミカルの数は、およそ1万種類くらいあると考えられています。

注目されている主なファイトケミカルは表を参考にしてください。

【ポリフェノール(フラボノイド系)】

種類含まれる主な食品
アントシアニン類ブルーベリー、ブドウ
イソフラボン類大豆
フラボン類セロリ、パセリ、ピーマン
カテキン類緑茶、果実類、カカオ
フラボノール類ブロッコリー、タマネギ
フラバノン類柑橘類の果皮

【カロテノイド】

種類含まれる主な食品
α - カロテンニンジン、カボチャ
β - カロテンニンジン、カボチャ、トマト
β - クリプトキサンチンミカン、ホウレンソウ
リコピントマト、スイカ
ルテインホウレンソウ、ブロッコリー
ゼアキサンチンカボチャ、トウモロコシ、モモ

【含硫化合物】

種類含まれる主な食品
イソチオシアネート系ダイコン、ワサビ
システインスルホキシド系タマネギ、キャベツ

ファイトケミカルを上手に摂取する際に参考になるのが、植物の色素成分です。

赤、橙、黄、緑、紫、黒、白の7色がそろえば、自然とバランスよく摂取できます。

あまり神経質に毎日7色摂ろうと躍起になるよりも、1週間単位で各色を摂取する気持ちでOKだと思います。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝