お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

植物由来の化学物質であるファイトケミカル

ファイトケミカルの「ファイト」はギリシャ語で「植物」という意味、「ケミカル」は化学物質の意味なので、「ファイトケミカル」は「植物由来の化学物質」ということになります。

これは、植物が紫外線や有害物質、害虫や外敵などから自身を守るために作り出す物質です。

野菜や果物、穀類や豆類などの植物性の食品に、色素や香り、苦みや辛味などの成分として含まれています。

その種類は数千種類ともいわれ、今後も、成分の特定技術の進歩に伴って増えていきそうです。

ファイトケミカルは、タンパク質や糖質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素とは異なり、通常の身体機能維持に必要とされているわけではありません。

よって、摂取量が少ないからといって欠乏症が起こることはありません。

また生活活動のエネルギーにもなりませんが、病気を予防する効果があり、健康を保つために必須の成分であるとして、その様々な機能性が注目されています。

癌(がん)や老人性認知障害、動脈硬化や心筋梗塞などの発症は、活性酸素と因果関係があるといわれていますが、ファイトケミカルには強い抗酸化作用を持つものが多くあります。

そこで、常日頃から積極的に抗酸化物質を摂取することが大切だという考え方が出てきました。

ファイトケミカルは、私たちが日常的に摂取している野菜や果物をはじめ、ほとんどの食品に含まれています。

1日に、野菜350g以上、果物200gを目安に、種々の食品をバランス良く摂ることを心がけましょう。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝