お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

第7の栄養素「ファイトケミカル」とは?

人間が生きていく上で欠かすことの出来ない栄養素は、脂質・タンパク質・糖質の3大栄養素と、ビタミン・ミネラルを含む5大栄養素です。

一方、生命維持に必ずしも必要ではないが、摂取することで健康維持や病気予防に効果を発揮するのが「機能性成分」です。

機能性成分は、主に食物繊維とファイトケミカルからなっています。

食物繊維はお馴染みですが、「ファイトケミカル」とは一体どんなものでしょうか?

ファイトケミカルは、一言でいうと、野菜、果物、豆、海藻などの植物性食品に含まれる化学成分の総称です。

「第6の栄養素」と呼ばれる食物繊維に続き、「第7の栄養素」とも呼ばれています。

その成分は、赤、黄、青などの色素や、アク、渋味に含まれています。

これは、紫外線、病害虫、病原菌、寒さなどから身を守るため、植物が身に付けた防御システムとも言える物質で、強い抗酸化力を持っているものが多いです。

そうでなくても、植物性食品には、必ず何らかの機能性成分が含まれていると言われ、それぞれの性質の違いから、ファイトケミカルは、カロテン類、ポリフェノール類、テルペン類、イオウ化合物、β-グルカンの5つに分類されています。

テルペン類は、オレンジ、レモンなど、柑橘類の香りや苦味に含まれている成分です。

イオウ化合物は、ニンニク、たまねぎの香り成分で、血液をサラサラにする抗血栓作用があります。

β-グルカンは、キノコなどに含まれる多糖類のひとつです。

赤血球に働きかけて免疫力を高め、アレルギー予防、癌細胞の抑制効果も期待されています。

ただ、一般に知られている機能はごくわずか。

というのも、ファイトケミカルは、およそ1万種類もあるとされているからです。

これからも、さらに機能性成分が発見される可能性があります。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝