お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

PET検査の原理

酸素のある状態での発酵では、細胞レベルでどのような現象が起こるのでしょうか?

ガン細胞では、細胞内への糖の取り込みが異常に高まっています。

PET検査(陽電子放射断層撮影:Positron Emission Tomogra-phy)は、このガン細胞の旺盛な糖の細胞内への取り込みという代謝現象を利用した検査です。

ガンの早期発見に有用と喧伝(けんでん)されています。

PET検査では、放射能を含んだ糖を私たちの血液中に投与します。

ガンは細胞内の糖の取り込みが高まっていますから、放射能で目印を付けた糖はガン細胞に集積するはずです。

結果的に、PET検査ではガンがある部分に放射能が集積して画像として鮮明に浮かび上がります。

この検査ではガンの種類は問われません。

遺伝子の変異とは違い、全てのガンにおいて細胞での糖の取り込みが高まっているからです。

また最近になり、MRIを用いたガンの早期発見の検査が開発されたことが報告されています。

これはチョコレートなど甘いものを食べたときに、ガン細胞での糖の取り込みが盛んになるのを利用して、MRIで映し出す新しい方法です。

この方法では、PET検査のように放射性物質を使用しませんので、被曝の危険性がありません。

甘い物を食べるとガンが鮮明に浮かび上がってくるという検査です。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝