お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

リンについて

カルシウムとのバランスが大切

「リン」は骨や歯の材料となり、強く丈夫な体のために働いています。成人の体内に約780g含まれていて、その約85%は骨や歯の構成成分としてカルシウムと共に存在しています。

体内のリンの量は、尿への排泄によってバランスをとっています。腎臓が働かない状態ではリンの排泄がうまくいかないので、高リン血症を引き起こすことになります。

他にもエネルギーづくりに関わったり、細胞膜で働いたり、脳や神経がきちんと働くようにバックアップしたりしています。

リンを多く含む食品は肉や魚、大豆などのタンパク質です。体に良く吸収される比率は、リンとカルシウムが1対1といわれています。

様々な食べ物に広く含まれていますから足りなくなることは滅多にありませんが、不足すると血液の中の量が少なくなって神経の病気になる可能性があります。

それより心配なのは過剰摂取。インスタント食品や清涼飲料水に使われていますから摂り過ぎてしまうのです。そうすると、カルシウムや鉄の吸収が悪くなって、骨粗しょう症になったり、腎臓病になったりします。

リンとカルシウムをバランスよく同量に摂取したいのに、リンを摂り過ぎる傾向にありますので、鉄を吸収したい貧血の人、骨の成長が重要な10代、骨量が不足しやすい高齢者は特に注意なさってください。

リンを多く含む食品

  1. スルメ(加工品) 50g・・・550mg
  2. キンメダイ 1切れ=100g・・・490mg
  3. 真イワシ(丸干し) 2尾=50g・・・285mg
  4. 牛レバー 80g・・・264mg
スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝