お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

臭いオナラの原因になる栄養素とは?

イモ類を食べるとオナラが頻繁に出るばかりか、「オナラが臭くなる」と思い込んでいる人もいますが、それは大きな勘違いです。

確かに、イモ類を食べるとオナラの回数は増えますが、悪臭ではありません。

むしろ、臭いオナラの原因は、タンパク質の摂り過ぎによることが多いのです。

オナラは、炭酸水を飲んだり、口から空気を飲み込んだときにも発生します。

それ以外のオナラの正体は、食物が腸内細菌によって分解されるときに発生するガスが排出されたもので、ガスの種類によってニオイが変わってきます。

イモ類や豆などの炭水化物には、食物繊維が含まれているものが多いです。

この食物繊維が大腸で分解されると、メタンガス、炭酸ガス、水素ガスなどが発生します。

これらのガスは、便の成分となったり、オナラとなって排出されますが、悪臭ではありません。

一方、タンパク質が分解されるときに発生するのは、アンモニア、硫化水素、インドール、スカトール、アミンなどです。

これらに強力なニオイ成分が含まれるため、オナラが臭うことになるのです。

言うまでもなく、肉や卵など、タンパク質を多く含む食品が、体に有害というわけではありません。

腸内に悪玉菌がはびこっていると、腐敗が進み、イヤな臭いが強くなるのです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝