お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

乳幼児期の栄養と食事

乳児にとって母乳は生きる源

乳幼児期とは0~6歳頃にあたります。

最初、栄養源は母乳だけですが、離乳を経て、母乳以外の食物から栄養素を摂るようになります。

母乳には、乳児の成長に必要な栄養素が吸収されやすい状態で含まれています。

一方、人口乳の栄養素は母乳ととても近いものとなっています。

母乳が出ない場合や疾患で薬を飲んでいるなどの事情で母乳を与えられない場合も、人口乳で栄養は十分摂れます。

離乳は発育に合わせて

【離乳の目的を知る】

消化機能が発達し、食物からも栄養素を摂取できるようになる生後5、6か月頃を目安に、「離乳」を始めます。

離乳の目的は、栄養素を補給し、咀嚼(そしゃく)機能を発達させ、味覚を育てることにあります。

また物を噛むことで、顔周りの筋肉が発達し、脳を刺激します。

【離乳の進め方】

離乳食は、果汁や重湯(おもゆ)、スープなど液体のものから始めます。

慣れてきたら舌でつぶせる硬さのものを食べさせます。

そして、徐々に回数や量を増やしていきます。

最初の1ヶ月くらいは、1日1回の離乳食のあと母乳(人工乳)を欲しがるだけ与えます。

様子をみながら、徐々に食事の回数を増やしていきます。

それに従って、母乳を飲む量が自然に減ってきます。

この時期の発育は個人差が大きいので、5ヶ月になったから、周りの子供が始めたから、といって離乳を開始するものではありません。

無理に離乳を始めると、噛まずに飲み込む癖(くせ)がついてしまうこともあります。

口元の動きをよく観察し、よだれをたくさん出していたり、物欲しそうに口を動かしたりするようになれば、離乳開始のサインです。

食習慣の基礎を身につける

上下合わせて8本の歯が生えそろう1歳~1歳半を目安に、栄養素の補給が母乳から食事に完全に移行すると、離乳は終了します。

幼児期の食事は、生涯の食習慣の基礎を身につける時期ですので、主食・主菜・副菜のそろった食事を心がけましょう。

また、嗜好(しこう)が形成される時期なので、なるべく薄味に慣れさせ、色々な食材を食べさせることで食への興味を持たせるよう、工夫することも必要です。

気分によってムラ食いが見られることもあります。

空腹なときに食事ができるようにしましょう。

乳幼児期は3時間おきに1日8回の授乳から、成人と同じ1日3食へと近づいていく時期です。

まだ1回に食べる量が少ないので、2回の間食を加えて5食と考えて、間食も食事と同等のものにしましょう。

食事と間食の間は2時間以上あけましょう。

乳幼児期の食生活のポイント

【乳汁中心から次第に固形食へ】

離乳は舌でつぶせるものから、徐々に硬さのあるものへ変えていきます。

【間食も食事と考えて】

栄養素の必要量が多い時期です。

間食も食事と考えて、メニューを工夫しましょう。

【幼児期には大人の食に近づける】

基本的には家族と同じ時間に食事をします。

家族そろって食卓を囲む習慣をつけましょう。

摂り過ぎに気をつけたい栄養素

【リン】

骨の成長を妨げます。

加工食品に多く含まれます。

【ナトリウム(塩分)】

濃い味に慣れてしまいます。

外食、惣菜に多く含まれます。

積極的に摂りたい栄養素

【カルシウム】

丈夫な骨を作ります。

牛乳、乳製品、小魚に多く含まれます。

【鉄】

赤血球を作ります。

小魚、海藻などに多く含まれます。

【タンパク質】

体を作る材料になります。

魚、卵などに多く含まれます。

乳幼児期に必要なエネルギー

発達に合わせて必要なエネルギー量を確保しましょう。

ただし、発達の個人差が大きな時期なので、あまり神経質にならないように。

 男児女児
0~5(月)550500
6~8(月)650600
9~11(月)700650
1~2(歳)1,000900
3~5(歳)1,3001,250

カウプ指数を参考に

乳幼児の発育状態を知るには、カウプ指数が使われます。

体重(g)÷身長(cm)÷身長(cm)×10=カウプ指数

生後3ヶ月~学童期の子供に対して用いられ、成人になるとBMIによって肥満度を算出します。

ただし、5歳未満の場合、数値が大きくても肥満かどうかの判断は難しいので、あくまで目安とします。

発育状態カウブ指数
やせすぎ13未満
やせぎみ13以上15未満
標準15以上~19未満
太りぎみ19以上~22未満
太りすぎ22以上

小児肥満・・・2歳までの肥満は成人期への移行は少ないですが、2歳以降の肥満は細胞数の増加とともに脂肪細胞が大きくなり成人期に移行しやすいので、特に注意する必要があります。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝