お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

乳酸菌を摂っているのに腸の調子が良くならないとお悩みの方へ

腸を守り、免疫力向上に役立つ食品といえば、まず思い浮かぶのが「乳酸菌」です。

その働きは、腸内の悪玉菌を退治し、善玉菌を増やすというもの。

腸の調子が整えば、便秘・下痢が改善され、風邪やインフルエンザへの抵抗力も高まり、ひいては美肌やダイエットにも効果があると言われます。

しかし、話はそう単純ではありません。

人間の腸内には、おびただしい数の腸内細菌が存在しています。

その数は100兆とも言われ、その種類も様々です。

善玉菌もいれば、悪玉菌もいます。

善玉菌が多い状態であれば、腸の蠕動(ぜんどう)運動が活発になり、消化吸収はスムーズになります。

しかし、もともと腸内に悪玉菌がはびこっている場合はどうでしょうか。

善玉にせよ悪玉にせよ、細菌の繁殖のスピードは驚くほど速いですから、腸がキレイな状態でないと、いくらヨーグルトやキムチを食べても、乳酸菌は増えることが出来ません。

では、善玉菌が棲みつきやすい腸にするには、どうすればいいのでしょうか?

そのポイントは、油っぽいものやタンパク質を多く摂り過ぎないことです。

脂質やタンパク質を多く摂り過ぎると、消化物の腐敗が進み、悪玉菌が増殖してしまいます。

ヨーグルトの食べ過ぎも良くありません。

ヨーグルトは口当たりが良くさっぱりしていますが、脂肪分は決して少なくありません。

中でも砂糖入りの甘いヨーグルトは、糖質+脂質のダブルパンチとなり、食べ過ぎると、かえって腸内環境を乱すことになりかねません。

乳酸菌の効果を得るには、脂身(あぶらみ)の多い肉やバターなどは控えめにすることです。

便秘がちの人は、穀類やイモ類を避けがちですが、腸をキレイに保つには、良質なデンプン質を摂ることも重要です。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝