お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

乳酸菌について

乳酸菌、腸内細菌叢とは

小腸は十二指腸、空腸、回腸に分けられ、食べ物を消化吸収して栄養を摂取する大切な臓器です。

大腸は上行(じょうこう)結腸、横行(おうこう)結腸、下行(かこう)結腸、S状結腸、直腸に分けられ、小腸で消化吸収された食べ物の残りカスから水分を吸収して排便しやすいように便を作っているところです。

個人差はありますが、人間の小腸は長さ6~7m、大腸は1.5mといわれています。大腸は小腸より短いですし、面積も小さいのですが、病気が起こるのは大腸のほうが多いようです。

大腸ガン、大腸ポリープ、大腸炎、大腸カタルなど、大腸とつく病名がたくさんあるのは、大腸の中が残りカスと腸内細菌でいっぱいだからです。腸内が快調でないと、腐敗が発生して様々な体の不調につながります。

そこで力を貸してくれるのが「乳酸菌」です。乳酸菌は大腸内で糖質を分解して乳酸を作り出す細菌の総称です。つまり、食べ物の残りカスを腐敗させるのではなく、発酵させる力があるということです。

発酵食品は腐りにくく、長期保存が可能なのは、食品が発酵したことで酸性化して腐敗や食中毒を引き起こす菌の繁殖を防ぐからです。それと同じことを腸内でも起こしてくれるのが乳酸菌なのです。

乳酸菌の種類は200以上もあり、それぞれの性質や形はバラバラです。ビフィズス菌、ブルガリア菌、ヤクルト菌なども乳酸菌の一種で、ヨーグルトなどに利用されています。漬物、キムチ、味噌や塩麹にも豊富に存在しています。

腸内には、500~1000種類の細菌が常に100兆個以上生息しています。人の体内で常在細菌の種類と数が最も多く場所は腸内です。そしてこれらの細菌には体に有効な菌「善玉菌」、有害な作用を及ぼす菌「悪玉菌」、それらのどちらかが優勢な方と同じような働きをする菌「日和見(ひよりみ)菌」があって、互いに一定のバランスを保った生態系が作られています。

このように腸内で形成する細菌の集合体のことを「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)/ 腸内フローラ」と呼びます。この腸内細菌叢のバランスを整えてくれるのが、まさに乳酸菌なのです。

乳酸菌は生きて腸に届かないと意味がない?

乳酸菌は生きて腸に届いたほうが良いというイメージがありますが、ほとんどは胃酸などで殺菌されてしまいます。しかし、死んだ菌でも善玉菌のエサとなり、腸内環境を改善する働きがあります。

ガン予防・ビタミンやアミノ酸も作り出す

細菌によって起こる変化なのに「発酵」と「腐敗」は真逆です。それと同じで、腸内でも発酵させる菌と腐敗させる菌がいて、どっちが優勢になるか常に戦っています。

そこで、乳酸菌の登場です。腐敗につながる悪玉菌を抑えて発酵促進させることで、腸内環境を整えています。

そうすると、まず、免疫力が活性化します。最近、全身の免疫細胞のうち、60~70%が腸にあるということが分かってきました。それだけ、腸は大事な場所なのです。

免疫力が高まると風邪やウイルス性の病気になりにくくなり、アトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー症状の予防と緩和、便秘予防や改善にも効果があります。

また、ガンの予防効果も期待されています。このところ、ガンの中で増加傾向なのが大腸ガン。納豆や味噌など乳酸菌が豊富な食品や、食物繊維の多い野菜を食べなくなった食生活の欧米化が原因の1つといわれています。

さらに、乳酸菌は難消化性の糖質を分解して短鎖脂肪酸(酢酸、酪酸、乳酸など)、ビタミン(ビタミンK、葉酸、ビオチンなど)、アミノ酸(リジンなど)を作り、栄養的にも大いに役立っています。

少しずつでも乳酸菌を摂り続けて、元々腸内に存在する善玉菌を増やし、腸内環境を整えましょう。

大人もアレルギーに?

「子供のときにアレルギーがなかったから」と安心はできません。大人になってからも免疫力の低下などが原因でアレルギーを発症する可能性があります。

スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝