お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

高カロリーのナッツがダイエットにいい理由

最近、ダイエット中のおやつとして注目されているのが、アーモンド、ピーナッツ、クルミ、マカダミアナッツなどのナッツ類。

間食として食べているモデルや女優も少なくないと言います。

しかし、ナッツといえば、総じて高カロリー。

しかも、食べ過ぎると、吹き出物の原因になるため、これまでは“美容の敵”と見なされてきました。

しかし、最近の研究で、ナッツを食べることで体重の増加が抑えられることが分かってきたのです。

ナッツ類には、タンパク質、脂質、ビタミン・ミネラル、食物繊維が含まれており、栄養バランスの摂れた優良食品なのです。

たとえば、アーモンドはナッツ類の中でもマグネシウム、ビタミンE、ビタミンB₂、食物繊維が突出して多いのが特徴。

マグネシウムはエネルギー代謝を促し、ビタミンEは美肌作用やアンチエイジング効果が良く知られています。

とはいえ、ナッツ類がダイエットに良いのは何故でしょうか。

適度な脂質が含まれるナッツ類は、菓子パンやスナックなどに比べて腹持ちが良く、間食に摂り入れることで甘いものなどの食べ過ぎ予防になります。

その結果、1日の総摂取カロリーが減り、ダイエット効果が得られるというわけです。

ちなみに、ナッツ類10gあたりの熱量は以下のとおりです。

アーモンドは8~9粒で約60kcal、クルミはむき身3~4個で約70kcal、マカダミアナッツは5~6粒で72kcal。

食べ過ぎはNGと心得ましょう。

スポンサードリンク

私が愛用しているサプリメントです。


関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝