お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

赤血球数やHDLコレステロール値、アルブミン値が低いと認知症リスクが倍増

健康診断の血液検査項目の赤血球数やHDL(善玉)コレステロール値、アルブミン値が低いと、認知機能の低下が2~3倍起きやすいとの研究結果を、東京都健康長寿医療センター研究所のグループがまとめました。

栄養が低い状態が将来の認知症のリスクを高めることを示す結果で、老年医学専門誌に近く発表します。

東京都健康長寿医療センター研究所の谷口優研究員らは、群馬県と新潟県に住む70歳以上の1149人の暮らしぶりや健康状態を調べて、認知症が疑われた人などを除いた873人を追跡調査(平均2.7年)しました。

調査開始時の赤血球数、善玉コレステロール値、アルブミン値を、それぞれ「低い」「普通」「高い」の3群に分け、その後の認知機能の変化との関係を調べました。

その結果、それぞれの値が低い群は高い群に比べて2~3倍、認知機能が低下しやすくなりました。

赤血球は鉄分、コレステロールは脂質、アルブミンはたんぱく質の状態を示していて、これらの数値の低い低栄養の状態が、認知症のリスクを高めていると考えられます。

谷口研究員は「高齢者は、認知機能を維持するためにも、粗食ではなく、肉や魚、牛乳などを積極的にとった方がいい」と話しています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝