お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

認知症

老化に伴って起こる生理的なボケとは異なる

認知症には、脳の神経細胞が徐々に死んでいくアルツハイマー型認知症や前頭・側頭型認知症、レビー型小体病などの変性疾患と、脳梗塞や脳出血などが原因で神経の働きに障害が起こる脳血管性認知症があります。

具体的な症状としては、記憶障害や理解・判断力の低下、運動機能障害、言語障害など中核症状と呼ばれるものと、元々の性格や環境など様々な要因による、うつ状態や妄想のような精神症状や日常生活が困難となる問題行動を起こす周辺症状とがあります。

認知症は、老化に伴って起こる生理的なボケ(物忘れ)と混同されやすいのですが、単に「年だから仕方ない」と放置しておくと、症状が進行する場合もありますので、気になる症状があれば、専門家に診断してもらいましょう。

抗酸化作用のある栄養素や成分が有効

認知症の原因は、はっきりとは解明されていません。

認知症の1つである脳血管性認知症は脳血管障害が原因なので、高血圧症や糖尿病、脂質異常症などの病気の予防法と同様のアプローチが必要です。

アルツハイマー型認知症予防には、抗酸化作用のあるビタミンEや青背魚に含まれるDHAやIPA、イチョウ葉エキスの※ギンコライド、魚介類に含まれる赤い色素のアスタキサンチンなどが有効だといわれています。

さらに、適度な運動や活発な精神活動を維持することも大切です。

※ギンコライド・・・イチョウの葉や根に含まれる香り成分の一種です。ヨーロッパでは、動脈硬化、肩こり、冷え症などの血行障害や認知症の治療薬として広く利用されています。

認知症の症状

認知症の症状には様々なものがあります。

気になる症状があれば、専門医を受診しましょう。

認知症

食生活のポイント

【バランスのとれた食事を】

和食を中心とした食事をすると、良く噛むので脳の働きを活性化させ、生活習慣病を予防します。

【脳の血流を良くする】

脳内の血流が悪くなると脳血管疾患のリスクが高まります。

血栓予防に青背魚を多く摂りましょう。

【ビタミンを多く摂る】

ビタミンCやビタミンEの抗酸化作用が認知症の予防につながることが分かっています。

認知症予防の10カ条

1.塩分と動物性脂肪を控えたバランスの良い食事を
2.適度に運動を行ない足腰を丈夫に
3.深酒とタバコはやめて規則正しい生活を
4.生活習慣病(高血圧、肥満など)の予防・早期発見・治療を
5.転倒に気をつけよう、頭の打撲は認知症を招く
6.興味と好奇心を持つように
7.考えをまとめて表現する習慣を
8.こまやかな気配りをした良い付き合いを
9.いつも若々しくおしゃれ心を忘れずに
10.くよくよしないで明るい気分で生活を

特に摂りたい食品・成分

【大豆・大豆製品】
記憶力や集中力を高める大豆レシチンが含まれ、コレステロールが血管に付着するのを防ぐ働きもあります。

【青背の魚】
不飽和脂肪酸のDHAやIPAを多く含み、血栓を予防します。

【鮭】
抗酸化作用の高いアスタキサンチンを豊富に含みます。

生活習慣を見直す

趣味に没頭したり、外に出かけて気分転換をするなど、気持ちを高めるようにすると、脳が活性化します。

外に出なくても、日常的に話し相手がいて、会話をするだけでも効果的です。

【こんな人は要注意!】

・物忘れが以前よりひどくなっている。
・急に感情的になることが増えた。
・うつのような症状がある。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝