お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ナイアシンについて

「ナイアシン」はビタミンB₃ともいわれ、お酒に含まれているアルコールを分解するのに必要不可欠な栄養素。飲み過ぎて二日酔いになったときの辛さを和らげてくれます。

他にも三大栄養素である炭水化物(糖質)、脂質、タンパク質をエネルギーに換えるときや、魚や肉などに含まれるタンパク質が筋肉や皮膚などの細胞になるときのサポートもしています。

ナイアシンは食品から摂るだけでなく、体内でも必須アミノ酸の一種のトリプトファンという栄養素から作ることができますので、欠乏症は ほとんど見られません。しかし、タンパク質やビタミンを摂らないで飲酒を続けた人は、ペラグラという皮膚炎に罹ったりします。胃腸の粘膜も影響を受けますので、胃もたれなども起こりやすくなります。

ナイアシンは水溶性で熱、光、酸、アルカリなどには比較的強く、調理や保存でも壊れにくいビタミン。ただ、熱湯にはとても溶けやすいのが短所です。煮物では煮汁ごと食べられるように工夫しましょう。

ナイアシンを多く含むのは鶏肉などの肉類、レバーやカツオ、タラコ、ブリなど。意外かもしれませんが、コーヒーや紅茶にも多く含まれています。

ナイアシンを多く含む食品(1食あたりの含有量)

  1. カツオ(春どり) 刺身5切れ=100g・・・19.0mg
  2. タラコ 1/2腹=30g・・・14.9mg
  3. 鶏ムネ肉(若鶏・皮なし) 1/2枚=100g・・・12.1mg
  4. 豚レバー 80g・・・11.2mg
スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝