お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

内臓脂肪の正体は脂質ではなく糖質由来の余分なエネルギー

糖質はグリコーゲンとして一時的に肝臓に蓄えられ、エネルギーが足りないときに使われますが、余った分は脂質に変換されて、身体の中に蓄えられます。

つまり、多くの人がさかんに気にしている内臓脂肪の正体は、脂質ではなく糖質由来の余分なエネルギーなのです。

タンパク質もエネルギーに転換できますが、本来の役割は、身体をつくり、身体の機能を調節するというものです。

タンパク質は、骨や筋肉、すべての内臓、髪の毛、皮膚など私たちの身体を形づくる材料となるだけでなく、ホルモンや酵素、脳の神経伝達物質として身体を働かせる重要な物質の材料にもなっています。

タンパク質は生命にとっていちばん重要な栄養素なのです。

ところが、粗食やダイエットなどで脂質の摂取を極端に制限してカロリーが不足すると、この大切なタンパク質がエネルギー源として使われてしまいます。

せっかく肉を食べても、一日に必要なカロリーが摂れていないと、タンパク質は組織やホルモン・酵素類の生成には使われず、エネルギーとして使われてしまうため、本来の機能が果たせず、身体に変調をきたすことになってしまうのです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝