お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

年齢が下がるほど水分が必要

個人によって体成分の構成は異なりますが、一般的に、男性は女性より水分量が多く体脂肪量が少ない、また、太った人は痩せた人より体脂肪量は多いが水分量は少ないのが特徴です。

また、人間に必要な水分量は、年齢が低いほど代謝が活発なため、体内に水分が必要です。

胎児は体の83~85%が、新生児・乳児は70~75%が、成人は60~65%が水分です。

また、体に摂り込む水分量と体外に排泄される水分量はバランスが保たれています(1日に摂る水分量は概ね2100~3000mℓ)。

食物にも水分が含まれていて、肉類では約70%、果物や野菜は90%が水分です。

水の摂取と排泄

体外には尿、汗、呼気、糞便として排泄されます。

不可避尿とは、栄養素の代謝老廃物や、ミネラルバランスをとるために不要な物質を排泄するのに1日に最低必要な尿量です。

※代謝水・・・糖質、脂質、タンパク質が体内で燃焼(酸化分解)したときに生成する水です。1日の水分出納(すいとう)を考えるとき、代謝水は飲料水と食物中の水と共に摂取水分の1つに加えられます。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝