お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

水は人の体に対してどのような働きをするのか

水の性質

人の体を作っている成分のうち、50~60%を占めているのが水です。

水は溶解力に優れ、酸素や二酸化炭素など多くの物質を溶かし込むことが出来ます。

また、表面張力、比熱、気化熱、熱伝導率が他の液体に比べて大きいという性質があり、蒸発しにくい、凍りにくい、よく熱を伝えるなどの性質を持っています。

このような性質を持つ水は、生命を維持する為に無くてはならない働きをしているのです。

水の働き

栄養素や酵素を運ぶ

水はその溶解力を活かして消化吸収に関与し、体内に摂り入れた栄養素や酸素を溶かして、組織に運びます。

また、各細胞で生じた代謝産物を溶かし、循環系を経て腎臓に運び、尿中に排泄させます。

汗にも様々な物質が含まれており、排泄する役割を担っています。

酵素反応など化学反応の場となる

水は様々な体成分を溶かし、生命活動のための酵素反応の場を提供しています。

体温を調節する

体は大量の水を含んでおり、外気温の影響を受けにくく、体温の保持に役立っています。

また、水は蒸発するときの気化熱が大きいことから、発汗などによって体温の調節をしています。

体液の浸透圧を維持する

体内の水には、酸と塩基のバランスをとるために電解質が溶け込んでいます。

主に細胞内液にはカリウムイオン、細胞外液にはナトリウムイオンが存在していますが、水は細胞膜を自由に通過できるため、細胞内外のイオン濃度を一定に保つ浸透圧を維持しています。

このような水の働きによって、生命の維持に必要な代謝がスムーズに行われているのです。

水の欠乏

健康な状態では、摂取される水分と排泄される水分はバランスがとれています。

喉の渇きは、体から1%の水分が失われると感じます。

損失した水分が補われないと体重に占める水分の割合は低下し、脱水が起こります。

体重当たり4~6%の脱水で、血漿量、唾液量、尿量は減少し、体温が上昇します。

10%に達すると仕事の能率が悪くなり(人によっては意識障害も)、20%に及ぶと生命活動が危ぶまれます。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝