お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

「本みりん」と「みりん風調味料」との違いについて

みりんは、醤油(しょうゆ)と共に、和食に欠かせない調味料です。

多くの家庭では、「本みりん」「みりん風調味料」のいずれかを常備していることでしょう。

本みりんも、みりん風調味料も、料理に甘味やコク、綺麗な照りを与えるものですが、両者は原料、製造工程、完成までにかかる日数も異なります。

最も分かりやすい違いを挙げれば、本みりんは税制上「酒類」に分類されますが、みりん風調味料は酒ではない、という点です。

本みりんは、蒸した もち米と米麹に、焼酎などのアルコールを加えて、40~60日ほど熟成させたものです。

14~15度のアルコールが含まれるため、「酒類」に分類されています。

一方、みりん風調味料は、ブドウ糖、砂糖、アルコール、食塩、発酵調味液や化学調味料を調合したものです。

アルコール度数は1%未満で、当然のことながら「酒類」ではありません。

みりんは、古くは「味醂酎」「美醂酒」などと書かれ、製造工程で焼酎を加えることからも分かるように、古くは酒として飲用されていました。

正月のお屠蘇(とそ)や結婚式の三三九度にも供(きょう)された「甘い酒」だったのです。

調味料として使われ始めたのは、江戸時代中期以降のこと。

当時、繁盛した鰻(うなぎ)屋や蕎麦(そば)屋などで、みりんが使われていたことが文献に記されています。

ところで、そもそも「みりん風調味料」は、どういう経緯で誕生することになったのでしょう。

その背景には、日本の酒税や販売許可制度が関係しています。

まず、販売者側の立場から考えると、和食に欠かせないみりんを販売したいと思っても、酒類には酒税もかかるうえ、販売免許を取得する必要があります。

一方、消費者の側も、いちいち みりんを買うのに酒屋へ行くのは面倒でした。

その不便さを解消するため、どこでも売買できる みりん風調味料がつくられるようになったのです。

また、製造に手間と時間がかかる本みりんは、どうしても高値になるため、リーズナブルに買える みりん風調味料が人気を集めることになったのです。

スポンサードリンク

私が愛用しているサプリメントです。


関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝