お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ミネラルの働き

ミネラルは人体の機能調節や維持に欠かせない微量栄養素です。

このうち、不可欠なものは必須ミネラルと呼ばれ16種類あります。

ミネラルは、体内で生成することが出来ないので日々の食生活で摂取する必要があります。

ミネラルは、有効に働く必要量と、体に害を及ぼす量との幅が狭いので適量を摂ることが大切です。

また、ミネラルは、体内で行われている細胞の新陳代謝やエネルギーの発生など多くの生理作用において重要な役割を果たしています。

鉄は血液を作り、マグネシウムは酵素を活性化します。

カルシウムとリンは造骨に関係し、ナトリウムとカリウムは、体内水分の調整、神経の伝達に関わります。

ミネラルのバランスが取れていると、体の機能が正常に働き健康を保つことが出来ます。

ビタミン、ミネラルは脳や神経の働きに非常に重要な役割を果たしています。

特に影響を受けるのが自律神経で、ビタミン・ミネラルが不足すると集中力や思考力などの脳の働きが鈍ったり、気分の浮き沈みや肩こり、頭痛が起こったり食欲や、やる気が無くなるなど様々な不調をきたします。

ビタミン・ミネラルは、ほとんど体内では合成できません。

外食やコンビニのお弁当で食事を摂る人はビタミン、ミネラルが不足しがちになりますので、特に注意が必要です。

対策としては、マルチビタミン、マルチミネラルが配合された、いわゆるベースサプリメントをお薦めします。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝