お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ミネラルについて

人の体に金属が必要?

この地球上にたくさんある元素のうち、4元素を除いたものを「ミネラル(無機質)」といいます。三大栄養素、ビタミンと並んで、五大栄養素のひとつに数えられています。ミネラルは直訳すると「鉱物」。アクセサリーなどにも使われる天然に生成された無機物質。栄養素のミネラルとは厳密には少し違います。

人の体に存在する元素は約60種類といわれていますが、最も多いのが酸素65%で、次いで尿素18%、水素10%、窒素3%となり、4元素で96%を占めています。残りの4%がミネラルということになります。そのうち、栄養素として欠かせないことが分かっているミネラルとして、現在16種類が存在します。さらに そのなかで一日の必要量が100mg以上のものを「主要ミネラル」、100mg未満のものを「微量ミネラル」と呼んでいます。

ミネラルの働きは それぞれ異なりますが、カルシウム、リン、マグネシウムなどは、骨や歯などの硬(こう)組織を作ります。また、ヘモグロビンの鉄、リン脂質のリン、含硫アミノ酸の硫黄(イオウ)はタンパク質や脂質などと結合し、体成分となっています。

他にも浸透圧の調節、筋肉収縮や神経伝達、酵素の補酵素や生理活性物質の成分として代謝調節に関わっています。体液や組織液のミネラルはいつも一定の濃度で保たれていますが、食事から摂取するミネラルの過不足が長く続くと、この恒常性が保てなくなり、各ミネラル特有の欠乏症や過剰症が現れてしまいます。

恒常性とは?

環境条件などが変化しても、体温や体液のpHを一定に保つことを恒常性といいます。恒常性を保つ能力が高いほど健康度が高いといえます。

スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝