お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ミネラル(無機質)とは どんな栄養素なのか

体成分の4%を占める数十種類の元素

人体の成分として体内に存在する元素は、約60種類といわれています。

最も多いのが酸素で65%、次いで炭素18%、水素10%、窒素3%であり、この4元素
で96%を占めています。

ミネラル(無機質)とは、残りの4%にあたる元素すべてを指しています。

このうち、1日の必要量が100mg以上のものを主要ミネラルといい、人での必須性が認められているのは7種類です。

また、100mg未満のものを微量ミネラルといい、人での必須性が認められているのは9種類です。

カルシウム、リン、マグネシウムなどのミネラルは、骨や歯などの硬組織をつくります。

また、ヘモグロビンの鉄、リン脂質のリン、含硫アミノ酸のイオウはタンパク質や脂質などと結合し、体成分となっています。

ナトリウム、カリウム、塩素、マグネシウム、リンなどは体液中にイオンとして存在し、浸透圧の調整、酸アルカリ平衡、筋肉収縮や神経伝達に関わります。

マグネシウム、マンガン、銅、亜鉛、コバルト、ヨウ素などは、酵素の補酵素や生理活性物質の成分として、代謝調節に関わっています。

体液の恒常性と適正摂取量

体液や組織液のミネラルは、いつも一定の濃度で保たれています。

この恒常性は、生理的要求量、吸収量、体内貯蔵量、排泄(はいせつ)量を調整することにより保たれています。

食事から摂取するミネラルの不足や過剰が長く続くと、体液や組織液のミネラルの※恒常性が保てなくなり、各ミネラルに特有の欠乏症や過剰症が現れます。

そこで、ミネラルの適正摂取のために、「日本人の食事摂取基準」では、推定平均摂取量、推奨量、目安量、耐容上限量が設定されています。

※恒常性(ホメオスタシス)・・・体温、体液のpHや浸透圧は身体活動や環境条件により変化しますが、これらの内部環境条件を一定に保つことです。恒常性を保つ能力が高いほど健康度が高いといえます。

足りないミネラルと過剰なミネラル

日本人の栄養素摂取をみると、カルシウムは推奨量に達していない唯一の栄養素です。

また、鉄も推奨量を満たしていない年齢階層があります。

一方、食塩は1人、1日当たり11~12gも摂取しています。

この10年ほどで徐々に減ってきてはいますが、食塩の目標摂取量は男性9g未満、女性7.5g未満で、まだ適正ではありません。

また、この値は目標摂取量5g未満とするアメリカより遥かに高い値です。

必須性が認められているミネラルの種類と性質

【主要ミネラルの種類と性質】

ミネラル存在量(g)体重の対する割合(%)生理作用欠乏症
カルシウム(Ca)10001.4骨や歯の成分。血液を凝固させ、筋肉の収縮、神経伝達に関わる。骨粗しょう症
リン(P)7801.1骨や歯の成分。補酵素・核酸・リン脂質の成分。エネルギー代謝に関わる。酸・塩基のバランスを保持する。低P血症においては全身倦怠感、食欲不振、脱力感など。
イオウ(S)1400.2含硫アミノ酸の成分。酸性ムコ多糖類・チアミンなどビタミンの構成成分。※タンパク質が適切に摂取されていれば不足しない。
カリウム(K)1400.2細胞内液に存在し、酸・塩基バランスを保つ、神経の刺激を伝達する。浸透圧を保つ。筋肉の減退、頻脈(ひんみゃく)、無気力
ナトリウム(Na)1000.14細胞外液に存在し、酸・塩基バランスを保つ、神経の刺激を伝達する。浸透圧を保つ、物質の能動輸送に関わります。全身の倦怠感、頭痛、嘔吐、血圧降下
マグネシウム(Mg)190.027骨・歯の成分。エネルギー代謝に関わる。酵素を活性化する。神経過敏症、精神障害、不整脈、循環器疾病

【微量ミネラルの種類と性質】

ミネラル存在量(g)体重に対する割合(%)生理作用欠乏症
鉄(Fe)4.20.006ヘモグロビン・ミオグロビンの成分。酵素成分として細胞の呼吸系に関わる。鉄欠乏性貧血
ヨウ素(I)0.0130.00002甲状腺ホルモンの成分。代謝を促進する。発育阻害、甲状腺肥大
亜鉛(Zn)2.30.0013酵素の成分。酵素の活性化物質としてタンパク質・脂質・糖代謝に関わる。感覚機能異常、皮膚炎、口内炎、免疫不全
銅(Cu)0.0720.00010酵素の成分として、ヘモグロビンの合成に関わる。貧血、毛・皮膚の脱色、白血球減少、骨年齢の低下
セレン(Se)0.0130.00002酵素の成分として、脂質過酸化物の還元に関わる。克山(こつざん)病=心筋症
マンガン(Mn)0.0120.00002酵素の成分として、酸性ムコ多糖類を合成、酵素を活性化する。骨発育遅延、皮膚炎
コバルト(Co)0.00150.000002ビタミンB₁₂の成分ビタミンB₁₂欠乏による悪性貧血
モリブデン(Mo)<0.00930.00001酵素の成分または酵素の活性化物質として、アミノ酸・尿酸・硫酸の代謝に関わる。高メチオニン血症、
低尿酸血症、頻脈
クロム(Cr)<0.00180.000003糖代謝、コレステロール代謝に関わる。インスリン感受性低下、末梢神経障害

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝