お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

メタボリック・シンドロームとは

メタボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)とは、内臓脂肪型肥満が原因となって高血圧、高血糖、高脂血症が引き起こされる状態で、その状態が続くと動脈硬化が進行し、糖尿病、脳卒中、心筋梗塞などの命に関わる病を招くと言われています。

「危険な脂肪」である内臓脂肪や異所性脂肪の恐さを知れば、メタボリック・シンドロームの恐ろしさを理解することが出来ます。

メタボリック・シンドロームの診断基準

『脂質異常』
中性脂肪:150mg/dL以上
HDLコレステロール:40mg/dL未満
のいずれかまたは両方

『高血圧』
最高(収縮期)血圧:130mmHg以上
最低(拡張期)血圧:85mmHg以上
のいずれかまたは両方

『高血糖』
空腹時血糖値:110mg/dL以上

『内臓脂肪の蓄積』
胸囲(へそ周り)
男性:85cm以上
女性:90cm以上
(男女ともに、腹部CT検査の内臓脂肪面積が100平方cm以上に相当)

上記の診断基準に該当する場合は、内臓脂肪や異所性脂肪の蓄積を疑い、早急に生活習慣を改善する必要があります。

ただし、個人的には血圧については全ての人が、この診断基準に従う必要はないのではと思っています。

血圧については年齢によって正常値が異なりますし、身体が自然調節している血圧を薬で強引に下げ、正常値になったから良しとすることには賛成できません。

年を取れば全身に血液を巡らせるために若い頃より強い力が必要なのは当然で、血圧が低いと逆に元気が出ません。

1997年のフィンランドの研究では、80歳のグループで血圧の高い人ほど5年生存率が高かったという結果が出ています。

最も生存率が高かった人たちの最高血圧は180mmHgを超えていたのです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝