お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

カロリーオフのマヨネーズは乳化剤を使ってトロミを出している

マヨネーズの原料は「卵、酢、油、塩」であって、しかも大量の油を使います。

一般的なレシピでいうと、卵1個、酢が大さじ1に対して、サラダ油がカップ1(200~250cc)は必要です。

自家製マヨネーズを作っている人はご存じでしょうが、油の量を減らすとトロリとせず、サラサラ状態になってしまいます。

そこで疑問が生まれます。

カロリー控えめにするには、油の量を減らすしかありません。

にもかかわらず、カロリーカットされたマヨネーズには、トロミがついています。

何故でしょうか?

理屈は簡単で、油の代わりに水を増やし、乳化剤を使ってトロミを出しているのです。

乳化剤は、本来混ざり合うことのない水と油を乳化させる添加物のことで、コーヒーフレッシュなどにも使用されています。

乳化剤のおかげで見た目は完璧にマヨネーズですが、JAS法ではマヨネーズは「油分が65%以上のもの」と定められています。

それに対して“水増し”されたカロリーオフマヨネーズの油分はわずか10%前後。

食品ラベルに「サラダクリーミードレッシング」「半固形状ドレッシング」と表示されているとおり、カロリーオフタイプはマヨネーズとは呼べない“フェイク商品”なのです。

いくら添加物で味を調節しても、コクの面では本物に到底およびません。

スポンサードリンク

私が愛用しているサプリメントです。


関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝