お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

LDLコレステロールを酸化させないことが動脈硬化の最大の予防措置

簡単に言えば、動脈硬化とはLDLコレステロールが「酸化」した結果です。

LDLコレステロールが関与するので、これが悪玉のように言われるようになったのですが、その仕組みを詳しく見ていけば、誤解は自然と解けるでしょう。

酸化とは要するに「錆(さ)びる」ことです。

LDLコレステロールそのものは、けっして悪玉ではありません。

身体に必要なビタミンEやコエンザイムQ10などを運ぶという重要な役割を担っているのです。

悪いのは、錆びて使い物にならなくなった「酸化LDLコレステロール」なのです。

LDLコレステロールを錆びさせる主な原因は、ストレスやタバコなど、それに糖質です。

糖質の摂取を控えて、LDLコレステロールを錆びさせないようにすることが、動脈硬化の最大の予防措置なのです。

けっして、動物性タンパク質を摂取しないことではありません。

酸化したLDLコレステロールは身体に有害なので、これを見つけると、マクロファージがどんどん食べてしまいます。

マクロファージはウイルスや細菌を食べる白血球の仲間で、酸化LDLコレステロールも悪さをしないように食べてくれます。

酸化LDLコレステロールが大量にあれば、マクロファージは自分の身体を大きくしてまで食べ続けます。

そのため、酸化LDLコレステロールを大量に含む巨大なマクロファージが出来てしまいます。

一方、マクロファージには、血管壁に傷を見つけると、そこに取り付いて修復する役目もあります。

そのとき、血管壁にプラーク(隆起した塊)が形成されるのですが、そこに酸化LDLコレステロールを大量に含んだマクロファージの死骸(しがい)が詰め込まれていると、切開して見たときに、いかにもLDLコレステロールの塊があるかのように見えてしまうのです。

これも誤解の一因でしょう。

血管壁の傷は、高血圧や炎症によって起こります。

最近になって、血液中に血管壁を傷つける細菌がいることも分かってきました。

つまり、元を正せば、LDLコレステロールを酸化させたり、血管壁を傷つけてしまったりする環境こそが問題なのです。

血管内をパトロールしているマクロファージは、酸化もなく、血管に異常もなければ、寿命を終えて、そのまま排泄されていきます。

酸化したLDLコレステロールは悪玉ですが、それだけでは動脈硬化は起こりません。

それを取り込んだマクロファージが、血管の傷の中に入り込むというプロセスがあって、初めて動脈硬化が成立するのです。

薬でLDLコレステロールの数値を下げれば、多少は動脈硬化を防げるのかもしれませんが、酸化LDLコレステロールを下げるという意味での効果は小さいでしょう。

むしろ大切な栄養の運び屋が減るマイナスのほうが心配です。

LDLコレステロールを必要以上に増やさないことも大切ですが、酸化させないようにすること(抗酸化)が最も重要なのです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝