お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ガン転移とマクロファージ

マクロファージは血液中の白血球の5%を占める単球(単核白血球)から分化します。

単球は、造血幹細胞から分化したのち骨髄で成熟し、血流に入ります。

単球は約2日間血中に滞在した後、血管壁を通り抜けて組織内に入りマクロファージになります。

マクロファージは、血液を循環し、組織の創傷治癒(そうしょうちゆ)の際に組織に侵入するように遺伝子にプログラムされています。

変形自在で血管から組織へと難無く通り抜けられます。

多彩な機能を持ちますが、以下の2つに分類されます。

【M1タイプ】

炎症を加速させる働きをします。

炎症性サイトカインと呼ばれる炎症をオンにする物質、一酸化窒素(NO)や活性酸素腫(フリーラジカルズ)を産出します。

【M2タイプ】

炎症を鎮静化させる働きをします。

また細胞の自殺(アポトーシス)を促します。

異物の貪食(どんしょく:「ファゴサイトーシス」といいます)、および組織の修復を担当します。


 

ガン組織に侵入しているマクロファージは、「腫瘍関連マクロファージ(TAM)」と呼ばれます。

このガン組織に侵入したマクロファージは、最初は組織で炎症で加速させ、ミトコンドリアにダメージを与えます。

これは「M1タイプ」のものです。

炎症から発ガンし、次第にガン細胞化していくと、今後は組織内で老廃物を処理し、ガン細胞の成長を促し、さらには細胞同士を融合させます。

この働きは「M2タイプ」の働きです。

ガン細胞の進展にともなって、マクロファージは「M1タイプ」および「M2タイプ」の両方の働きを発揮します。

興味深いことに、ヒトの乳ガン、子宮ガン、卵巣ガン、肝臓ガン、膵臓ガン、腎臓ガン、肺ガン、脳腫瘍、膀胱ガン、多発性骨髄腫などの様々なガンの転移巣ではマクロファージの特性である異物や細胞の貪食(ファゴサイトーシス)、細胞融合性、さらにはマクロファージ特有の遺伝子のスイッチ(発現)が同じように認められることが分かっています。

このことから転移性ガンは、マクロファージのような間葉細胞(血液細胞のように全身を循環する)が起源ではないかという推測が成り立ちます。

次回、この可能性をさらに詳しくみていきましょう。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝