お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

目に有害な青色光を吸収する働きが期待されるルテイン

最近、食品の機能性成分として良く耳にするのが「カロテノイド」。

カロテノイドとは、緑黄色野菜や果物の持つ色素成分で、β-カロテン、リコピン、アスタキサンチンなどがあります。

ルテインもそのひとつで、ホウレンソウやブロッコリー、鶏卵などに含まれる高い抗酸化作用力を持つ成分です。

植物の場合、ルテインは光合成によって生成されます。

紫外線を浴びると、活性酸素が発生し、細胞を傷つけます。

植物はそのダメージから身を守るために、光合成によってルテインを生成し、紫外線から自分自身を守っているというわけです。

また、ルテインは人間の水晶体や網膜の黄斑部(おうはんぶ)にも存在している成分で、紫外線などから目を守る働きをしています。

ただ、人間はルテインを体内で作ることが出来ない為、消費する分は食事で補給することが必要になります。

しかも近年では、体内で消費されるルテインはどんどん増えています。

というのも、液晶テレビ、パソコン、スマホなどの画面を見る機会が増えているからです。

液晶テレビ、パソコン、スマホなどの画面から発せられる「青色光」は紫外線よりエネルギーが高く、深部にまで到達して細胞を傷つけてしまいます。

ルテインには、目に有害な青色光を吸収する働きがあり、近年日本でも増えている白内障や黄斑変性症の予防に期待されている成分なのです。

とはいえ、現在ではまだ研究段階で、その有効性が明確になったわけではありません。

ルテインが豊富に含まれるホウレンソウ、ブロッコリー、レタスをはじめ、アスパラガス、グレープフルーツ、スイカ、キウイ、ブルーベリーなどを積極的に食べることは健康上推奨されますが、サプリメントの摂取には注意が必要です。

天然由来ではない、石油を原料とした合成ルテインのサプリメントには、目のかゆみや腫れ、咳(せき)や胸やけなどの副作用が起こる可能性があるという報告もあります。

スポンサードリンク

私が愛用しているサプリメントです。


関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝