お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

リモネンについて

リモネンは柑橘(かんきつ)類の皮に含まれる精油成分で、テルペン類のうちモノテルペン類に分類されます。
柑橘類の果皮の精油成分の90%以上がリモネンです。
甘酸っぱい香りと味が特徴でリラックス効果があるといわれ、第7の栄養素とも呼ばれるファイトケミカル成分としても注目されています。

リモネンはグレープフルーツに多量に含まれており、1個の皮に数百㎎、実に10㎎強含まれています。
グレープフルーツの精油の90%以上はリモネンが占めます。
ずれた体内時計をリセットする働きがあるともいわれている。

グレープフルーツの他にも、温州ミカン、オレンジ、レモン、ライム、ユズ、ハッサク、マンダリン、レモングラス、ベルガモット、タンジェリン、オレンジスイート、セロリシード、ネロリ、フランキンセンス、ユーカリラジエタなどが挙げられます。
ラテン語ではレモンを「Ctrus limon」といい、ここからリモネンの名前が付けられ「limonen」は「limon」に不飽和炭化水素を意味する「ene」を付け加えたとされます。

柑橘類の皮には苦みがあり、生食には向きません。
そのため皮を食べるならマーマレードやべジブロスなどで摂ることになります。
またサプリメントで摂るのが効率的ですが、凝固剤や保存料、防腐剤などの添加物が少ないもの、オーガニックのものを選ぶ必要がありそうです。

リモネンなど柑橘類の香りの成分が体内に吸収されると、脳内でリラックス時に出現するα波がでることからリラックス効果があるとされています。
交感神経を刺激するので血管が広がり、血流が良くなることで新陳代謝が高まります。
柑橘類の香りの成分は、交感神経を刺激させ、新陳代謝が活発になります。
このため眠気を覚まし、頭をすっきりさせる効果が期待されています。

リモネンが免疫細胞の働きを整えて、免疫力を高めることが知られています。
この働きにより、菌やウイルスの活動を抑えて風邪やインフルエンザの予防効果があるといわれます。

ガン細胞の遺伝子が活性化するのを抑制し、アポトーシス(細胞死)を誘導する働きがガンを予防します。
また、予防だけでなく、ガンの転移や再発の予防、ガン治療にも効果が期待されています。
特に乳ガンへの予防効果が注目されています。

交感神経を刺激して血流を上げることで、エネルギー代謝や消化器官の活動を活性化させますから、脂肪が燃えやすくなりダイエットをしている人にはおすすめしたい成分です。
唾液や胃酸の分泌を促進して消化吸収をサポートしますので、胃の機能も高まり食欲を増す効果があります。
また胃粘膜保護作用を持つことから、健胃作用を持つと考えられています。

リモネンは抜け毛や薄毛の原因である酵素5αリダクターゼの働きを抑制し、育毛を促進します。
また、リモネンには頭皮に詰まった油や汚れを取り除き、フケ、痒みを抑える抗菌作用、髪にツヤを与える働きもあり、頭皮の育毛環境を整える働きがあります。

リモネンはさわやかな香りを持つことから清涼飲料水やガムの香料に使われています。
化粧品では各種クリームに配合されて、肌への浸透をサポートしています。
アロマテラピーで使うリモネンのエッセンシャルオイルの香りには神経の興奮を鎮めてストレスや不安を解消し、安眠を導く効能があります。

オイルの濃度が高い場合や、紫外線が強いときにはやけどを起こすことがあります。
肌に塗るときには長時間太陽を浴びるのを避けてください。
リモネンを含む食品を食べて紫外線を浴びるとシミなど肌のトラブルになることもあります。

リモネンは発泡スチロールと分子構造が似ており、混ぜると融合して液体になることを利用して、発泡スチロールのリサイクルに使われます。
有害物質を出さずに溶かすことができるので、環境にやさしい物質として注目されています。
汚れを落とす効果もあり、台所油洗剤やシャンプー、ハンドクリーム、クレンジング剤に配合されています。

スポンサードリンク


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝