お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

純粋なラードにはオレイン酸、リノール酸、不飽和脂肪酸などが含まれている

豚の脂肪分であるラード(lard)は料理に独特の風味と香ばしさを与えることから、トンカツ専門店や中華料理店などで使用されています。

他にも、フライドポテト、チキンナゲット、ハンバーグ、スナック菓子など、様々な食品に用いられています。

ラードは料理に旨味(うまみ)を与える一方、「太る」「有害」といった悪いイメージもつきまとっています。

動物性脂肪はコレステロールを増やし、動脈硬化などの成人病のリスクを高めると言われているためです。

しかし、動物性油脂のラードだけが有害で、植物性油脂なら安心かと言えば、そんなことはありません。

油の研究が進むにつれ、純粋なラードには、オレイン酸、リノール酸、不飽和脂肪酸など、コレステロールを下げる働きを持つ脂肪酸も含まれていることが分かってきています。

また、動物性・植物性という分類で言えば、植物油のサフラワー油やマーガリンの方が、動物性脂肪のバターより乳がんの発生率が高いというデータも報告されています。

無論、ラードも食べ過ぎれば、コレステロール値を高めるのは言うまでもないことで、外食産業や菓子メーカーもそのことは承知しています。

しかし、それでもラードが大量に使われているのは、植物油より空気による酸化に強いことや、風味が長持ちするというコスト面のメリットがあるからです。

加えて、消費者の側がラード特有の「こってり感」を求めていることも関係します。

ただ、飲食店の中には、何度も使いまわして酸化した油や、質の悪いラードを使用しているケースもあります。

外食やスナック類を多く食べている人は、有害な油を避けるためにも、ラードを含め、油脂の摂り過ぎには注意してください。

スポンサードリンク

私が愛用しているサプリメントです。


関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝