お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

薬とサプリメントの違いについて

薬の場合は石油等からの化学合成で作られているのに対し、サプリメントの場合は化学合成で作られるものもありますが、天然のハーブや食品及びその抽出物から作られます。

また、法律面での違いもありますが、ここでは身体に対する働きという点から、薬とサプリメントの違いを説明します。

効果の違い

薬は、特定部位の特定症状を化学物質によって抑えるものであるのに対して、サプリメントは、身体が持つ回復機能を栄養素によってサポートするものであるため、本質的には身体全体に効果が及びます(中には薬効を期待されるものもあります)。

機能面での違い

薬は、その特性上、身体に対して、ある特定の働きを期待されるものです。

これに対して、サプリメントは、身体が元来備えている回復機能をサポートするものですから、より全般的な働きをします。

例えば、血圧降下剤は、血圧を下げるものであり、血圧を上げることはありません。

すなわち、一方向にのみ働きかけます。

しかし、サプリメントは、身体全体に働きかけることで、血圧が高ければ低くし、低ければ高くすることで適切なレベルに調整します。

即効性の有無

薬は特定の症状に対して短期間で効果が出ることが期待されているのに対して、サプリメントは身体が持つ回復機能をサポートするものであり、即効性が期待されるものではありません。

ただし、低血糖でフラフラしている人が糖質を摂ることで瞬時に元気を取り戻したり、喉の渇きが水を飲むことによってすぐに潤されたりということもありますので、場合によっては、サプリメントであっても即効性が発揮されるケースはあるでしょう。

用法の違い

薬は、健康な身体にとっては、必要でないばかりか毒になるものでもあります。

したがって、目的が達せられれば止めるものですし、一時的に服用するものです。

これに対して、サプリメントは、食事と同じく継続的に摂取することを前提に作られています。

身体は常に作り替えられており、栄養素は常に体内で消費されていますので、サプリメントの場合、継続的に摂取することによって効果を得られると言えます。

副作用の有無

薬には副作用が付き物ですが、サプリメントには薬のような副作用はありません。

ただし、血栓予防薬を服用している人がビタミンKを豊富に含む納豆を食べられないように、食品であるサプリメントも食べ合わせや飲み合わせに注意が必要となる場合があります。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝