お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

「高濃度ビタミンC点滴療法」の抗がん作用について

癌(がん)にはビタミンCをしっかり摂ることが大事だと「サプリメントを利用した癌(がん)患者の栄養管理とは?」でお話しましたが、ビタミンCの補給には2つの狙いがあります。

1つは免疫細胞を活性化してくれる栄養素としての作用です。

もう1つは抗がん剤としてビタミンCを使うものです。

ビタミンCが血液中に高濃度に存在すると、過酸化水素という活性酸素が発生します。

体にとっては毒なのですが、正常な細胞は「カタラーゼ」という酵素を持っており、瞬間的に過酸化水素を水と酸素に変えて無害化します。

一方、癌細胞はこの酵素を持っていないために過酸化水素を無害化できません。

そのため、大量のビタミンCによって、癌細胞を狙ってダメージを与えることができるのです。

スポンサードリンク

ただし、ビタミンCの血液中濃度を抗がん剤として働くレベルにまで上げるのは、経口摂取では難しいため、この方法はもっぱら点滴によって行われ、「高濃度ビタミンC点滴」と呼ばれています。

サプリメントメーカーの中には、癌に対して特殊な素材のサプリメントをすすめるところもあります。

有名なものでプロポリス、アガリクス、フコイダンなどですが、ほかにもいろいろとあるでしょう。

こうしたものにどのくらい有効性があるものか、私自身は詳しくありません。

ドクターの中にはフコイダン、アガリクスがそれぞれ良いとおっしゃる方がいますので、ある程度の効果は期待できるのかもしれません。

ただ、それらに抗がん作用があるとしても、「これさえ飲めば治る」というものは存在せず、やはり先程述べたようなアプローチで癌の根本原因に対処すること、そして基本的な栄養の補給ということが、私の立場から言える癌から身を守る方法です。

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝