お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

高血圧について

今日の話題は血圧と血管です。

上の血圧(収縮期血圧)が140を超えると「高血圧」というレッテルを張られて150あたりからは血圧降下剤を飲みなさいと言われるのが医学常識ですね。

これに対して異論を唱えられるのが、近藤誠医師、岡本裕医師などの面々ですが、今日は三石巌先生の書かれた「医学常識は嘘だらけ」に沿ってお話ししたいと思います。

それではここで質問です。

(1)なぜ多くの人が年齢とともに高血圧になってくるのでしょうか?

(2)なぜ高血圧はいけないのでしょうか?

お医者さんでなくても(2)の答えはご存じの方は多いですね。

「動脈を傷つけたり、動脈瘤(どうみゃくりゅう)を破裂させたりして脳溢血(のういっけつ)などの重篤な病気を起こすから」とでも答えられれば上出来です。

ただし誰でも彼でも140以上は降圧剤を飲ませるというのは、あまりにも単純思考で患者の個人差を無視した暴挙と言わざるを得ませんが・・・

でも血圧が少々高いだけで、本当に動脈が破裂したり、ひどい動脈硬化が起こったりするのでしょうか?

答えは、基本的にNOです。

漠然と高血圧と動脈硬化が結びつけられて考えられているのですが、関係はどうも逆で、動脈硬化が起こると自然に高血圧になるのです。

では話を戻して(1)の答えはどうでしょうか?

なぜ多くの中年、壮年の方たちが高血圧になるのでしょうか?

世に広く知られている原因は「塩分の摂り過ぎ」ですね。

これは一理ある回答ですが、お医者さんでもこれだけしか原因として挙げられない方が多いことは大問題です。

塩分を多く摂ることによって一時的に血圧は上がりますが、それは体が、ナトリウム濃度を一定に保とうと水分を多めに溜め込むホメオスタシスの結果で一定の容器の中により多くの水(血液)を溜め込むので必然的に血圧が上がります。

でも、これだけが原因で高血圧になっている人は(多くはありませんが)塩分を減らせば比較的すぐに血圧は下がってきますし、またカリウム、マグネシウムなどを十分摂ることでも血圧は下がる傾向があります。

しかしながら実際の多くの場合の高血圧は、そう単純ではなくて、多くの「高血圧の人は塩分を減らしても血圧は十分には下がらないことが多い」ということが言えます。

この場合の高血圧の直接の原因は「血管が詰まっている、ないし細くなっていること」そして「血管の柔軟性が失われて脆(もろ)くなっている」ことなどです。

これ以外にもホルモンやミネラル類のバランスの乱れで、血管の収縮が起こることなどもありますが、ここでは長期的におこる不可逆的変化に注目することにしましょう。

血管がしなやかなゴム管のようであれば血管が心臓の拍動とともに膨張してくれて、上の血圧を抑えてくれます。

また血管が一部詰まっていたり、細くなっている場合は、必要な量の血液を送り出すためには、心臓がより強く(高い圧力で)血液を送り出す必要がありますね。

ですので、高血圧の本当の直接の原因は血管の劣化が最大の問題なのです。

この血管の劣化が塩分によって主に起こっているのなら「減塩の指導」も理にかなうのですが、血管の劣化は明らかに他に原因があります。

米国の医師でいろいろと指南をしてくださる方の一人にラッセルブレイロック医師がいますが、この方の話で、高齢者で手術をしたら、血管をつまんだだけで、ボロボロとそれが破けていく、そんな血管の持ち主を何人も見てきたそうです。

どうしてそこまで、血管がボロボロになってしまうのでしょうか?

それを単刀直入に言ってしまえば、主に(1)酸化、(2)糖化と(3)血管の再生能力不足なのです。

活性酸素の害はよく知られているようですが、血管までもズタズタにしてしまう恐ろしさまでは知られていません。

活性酸素は血管内壁を直接侵(おか)していくだけでなく、血中に流れるコレステロールも酸化することにより炎症を起こさせ、また血管を詰まらせる原因ともなります。

酸化については例えば喫煙者の場合、動脈硬化が早く進むことが疫学調査で明らかにされていますが、これは主にタバコが生む活性酸素によるものと思われます。

水溶性と油溶性と両方の抗酸化物質を摂ることによって、かなりこのダメージはかなり遅くすることが出来ます。

糖化は糖尿病患者が「合併症」といわれ、目の網膜や腎臓など毛細血管の多い部分などで特に大きな問題点を引き起こす主原因で、血中に多すぎる糖が血管の細胞のタンパク質と結びつくことによって、そのタンパクが本来の役目を果たせなくなることと言えるでしょう。

その本来の役目とはこの場合、血管の内膜の組織を接合し、強い膜としての機能を持たせることですが、糖化することによって、ここにあるコラーゲンタンパクなどが破壊されてしまい、内膜が、内膜としての機能を果たせなくなり、次第にこの変化が血管の外側にまで及んでくるのです。

この糖化に関しては、いわゆる植物フラボノイドやカロテノイドなどが糖化を防いでくれる(動脈硬化も遅くする)ことが、ほぼ明らかになっています。

また果物、野菜類にもフラボノイドは入っていますので、これらを十分に食される方々は高血圧になりにくいのです。

第三の原因として挙げたのは、血管の再生能力の衰えですが、これは残念ながら高齢になるにしたがい、皮膚と全く同様に、血管も薄く、また脆くなったりするのが通常なのです。

しかしながら、タンパク質、特にコラーゲンタンパクの原料となるコラーゲンそのものやプロリンというコラーゲン再生に必要なアミノ酸などを十分補給してやると、この血管の衰えも遅くすることができることが分っています。

タンパク質や必須アミノ酸を十分摂ることは、肌や関節といった表面的な健康にとどまらず、「血管」という全身にわたる最も重要な臓器を保護し、また再生を促進するという意味があるのです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝