お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

高血圧症

血圧は全身の健康を左右する

血圧とは、心臓から送り出される血液によって血管壁にかかる圧力のことです。

血圧が高い状態を放置すると、血管がもろくなり、動脈硬化を引き起こします。

更には、狭心症や心筋梗塞、脳卒中など死につながる病気を引き起こしますので、注意が必要です。

高血圧症は自覚症状がほとんどないまま病気が進行するので「サイレントキラー」とも呼ばれます。

しかし、頭痛やめまい、肩こり、耳鳴りなどを自覚する場合もあります。

正しい血圧を知るには、自宅で毎日同じ時間帯に同じ状態で測る必要があります。

病院で測ると、「白衣性高血圧」といって、日頃の血圧より高くなることがあります。

塩分の摂り過ぎに注意する

高血圧症には、本能性高血圧症と二次性高血圧症があり、前者は日本人の高血圧症の90%以上を占めます。

原因は明確ではありませんが、遺伝的要因や喫煙や飲酒をはじめ、不規則な食生活や運動不足、ストレス、不眠が重なって起こります。

特に、肥満の人は、普通の人に比べて高血圧になる危険性が1.5倍以上といわれています。

塩分(ナトリウム)を摂り過ぎると、細胞のミネラルバランスが崩れ、血液量が増えることで心拍数が上がって高血圧になると考えられています。

よって、血圧を上げないためには塩分を控え、同時に、ナトリウムの尿中への排泄を促すカリウムを摂取するために、野菜や果物を積極的に摂りましょう。

高血圧症の判断基準

収縮期血圧130mmHg/拡張期血圧85mmHg以上が高血圧の目安ですが、診断基準では140mmHg/90mmHg以上が高血圧症とされています。

 収縮期血圧(mmHg) 拡張期血圧(mmHg)
正常血圧<130かつ<85
正常高値血圧130~139または85~89
Ⅰ度(軽度)高血圧140~159または90~99
Ⅱ度(中等度)高血圧160~179または100~109
Ⅲ度(重症)高血圧≧180または≧110

食生活のポイント

【果物や野菜をしっかり摂る】

果物や野菜には、血圧を下げる働きがある食物繊維やカリウムがたっぷり含まれています。

【減塩を心がける①】

減塩食品を積極的に使いましょう。フライや漬物には しょうゆやソースをかけないようにし、ラーメンやうどんの汁を飲まないことなどを心がけましょう。

【減塩を心がける②】

香辛料や酢、柑橘類の酸味をうまく使いましょう。

焼き物や味をつけずに調理し、食べる直前に塩やしょうゆをかけましょう。

特に摂りたい食品・成分

【青背の魚】

イワシなどの青背魚に含まれるDHAやIPAは血栓を溶かす働きがあります。

※DHA、IPA・・・n-3系の多価不飽和脂肪酸です。いずれも血中の中性脂肪やコレステロールを低下させ、血栓を溶かして血流の流れを良くする効果があります。イワシやマグロに多く含まれます。

【イカ・タコ】

血圧を正常に保つ働きがあるといわれるタウリンが豊富です。

【バナナ】

血圧の上昇を抑えるカリウムを豊富に含んでいます。

牛乳と組み合わせると血圧を下げる働きがあります。

生活習慣を見直す

【適正体重に見合ったダイエットをしよう】

肥満は高血圧になる一番の要因です。

減量することによって血圧が下がることがあります。

【運動習慣も血圧を下げる】

運動をすると、血液の循環が良くなり、血管にかかる圧力は減ります。

【こんな人は要注意!】

・肥満である
・頭痛やめまい、耳鳴りがすることがある
・外食や加工食品を多く摂っています。
・血縁の家族に高血圧の人がいる

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝