お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

サプリメントは脂溶性か水溶性かで効果的な摂り方が変わる

ビタミンやミネラルのサプリメントを飲むときに迷うのが、医師に処方される薬と違って、「食前」「食後」などの指示がないことでしょう。

なんの決まりもないのがサプリメントのメリットとも言えるのですが、せっかく飲むなら効果的な時間帯が知りたいと思っている人も多いのではないのでしょうか。

サプリメントの中でも、多くの人が飲んでいるビタミン、ミネラル類は、3大栄養素のサポート役として働く栄養素。

食事から摂取した糖質、タンパク質、脂質を代謝する酵素を助けるビタミンもありますので、食後30分以内に摂るのがお勧めです。

食後は胃腸の働きが活発になるため、吸収されやすいというメリットもあります。

また、脂溶性か水溶性かによっても、効果的な摂り方は変わってきます。

脂溶性ビタミンのビタミンA、ビタミンD、ビタミンEは、油と一緒に摂ると吸収率が高まりますので、揚げ物や炒め物などを食べたあとに飲むと吸収率がアップします。

一方、水溶性のビタミンC、ビタミンB群は、たくさん摂っても尿と一緒に排出されてしまいます。

たとえば、錠剤サプリメントの1日の摂取量が3粒の場合なら、1粒ずつ朝、昼、夜と3回に分けて摂った方が無駄がありません。

スポンサードリンク

私が愛用しているサプリメントです。


関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝