お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

きのこ類の選び方

生のきのこは水分を多く含むので、すぐにしなびてしまいます。

最近はパックに入っているものが多く、カビが発生することもあるので、保存の方法に注意が必要です。

艶(つや)があり、肉厚なもの

きのこ類は、表面に傷がなく、艶があり、張りがあってしなびていないものを選びます。

また、カサが開きすぎず、肉厚で、色が濃いものを選ぶようにしましょう。

生のものは、カサの裏側が白く薄い膜が張ったようなものを、干したものは裏側が黄色いものを選びましょう(古くなると赤みを帯びます)。

天日干しで保存性を高めよう

きのこ類は日持ちしないので、なるべく早めに食べましょう。

また、きのこ類に多く含まれるビタミンDは、紫外線に当てることによって増加します。

すぐに使わないときは、カサの裏側を上にして天日干しをして保存すると良いでしょう。

代表的なきのこ類の選び方

【しいたけ】

カサの裏の襞(ひだ)の部分にシミや傷がないこと。

軸が太く短いものが良いでしょう。

干ししいたけは、生に比べて、旨味成分のグアニル酸が増加するため、風味が強くなります。

【しめじ】

カサが小ぶりで張りがあるもの、色が濃いもの、軸が折れたりせず、太くて短いものを選ぶと良いでしょう。

【まいたけ】

カサが肉厚で、軸が硬く締まっているものを選びましょう。

水分量が少ないため、日持ちがします。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝