お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

栄養バランスの良い献立作り

五感を満たすバランス食事

旬の食材を中心に、様々な食品を摂るようにすることが栄養のバランスを良くすることになります。

食事バランスガイドを参考にしてみてください。

栄養バランスの良い食事とは?

バランスの良い食事とは、主食・主菜・副菜がそろった食事をいいます。

主食はご飯やパン、麺などの炭水化物(糖質、食物繊維)の多い料理でエネルギー源となるもの、主菜は肉や魚、卵、豆腐などのタンパク質の多い料理でメインのおかずとなるものです。

通常、主菜の量が多くなりがちなので、1食につき1皿(60~80g)を目安にし、摂り過ぎを防ぎましょう。

副菜はビタミンやミネラル、食物繊維の供給源となるものです。

野菜や海藻、きのこなどを中心に、2皿は摂りたいところです。

これらに加えて果物、乳製品などを1日1回程度加えることで、バラエティ豊かな食事になります。

主食1皿、主菜1皿、副菜2皿を基本に献立を考える

主食は1食当たり、ご飯なら約150g、食パンなら約90gを目安にしましょう。

揚げ物ばかりなど、同じ調理法の料理にならないようにしましょう。

副菜は、サラダ、煮物、炒め物、汁物、おひたしなどで、野菜を摂りましょう。

野菜は1日に350~400g、両手でいっぱいぐらいを目安に摂り入れましょう。

果物や乳製品などを加えましょう。

【5つの味】
甘味・塩味・酸味・苦味・うま味

【5つの色】
赤・緑・黄・白・黒

【5つの調理法】
焼く・煮る・蒸す・揚げる・生

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝