お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ミトコンドリアにダメージがある細胞ではケトン体は利用できない

農耕革命以前の私たちの先祖は食を狩猟採集に頼っていました。

狩猟採集では1日3食というわけにはいきません。

時には、数日何も獲物がない状態を過ごさなければならなかったでしょう。

現代のように高濃度の糖を含む加工食品や果物も自然界にはありませんでした。

糖の貯蓄態のグリコーゲンも底をついたでしょう。

それでは周期的に来る飢餓状態にはどのように対応したのでしょうか?

人類は元々飢餓に対して、蓄えた脂肪を燃焼してエネルギーと脂肪酸に分解します。

グリセロールは肝臓で糖に変換されます(「糖新生」といいます)。

脂肪酸は、アセト酢酸、β – ヒドロキシ酪酸など「ケトン体」と呼ばれるものに分解されて脳や筋肉のエネルギーとして利用されます。

このように脂肪を燃焼させることでエネルギーを獲得できれば、筋肉(タンパク質)を
分解して糖に変換する(本当の飢餓状態)必要がなくなり、体がガリガリに痩せ細ることもありません(ガン悪液質と呼ばれる痩せも、筋肉が糖に変えられる)。

このようにケトン体を用いた周期的にくる飢餓状態への対応を「ケトーシス」といいます。

狩猟採集時代の原始人はケトーシス体質だったのです。

ケトン体は最終的にミトコンドリアの内膜で酸化的リン酸化(細胞内呼吸)によって効率的に莫大なエネルギーに変換されます。

またケトン体は、ミトコンドリアに存在する特有の酵素がないと代謝できません。

そうするとミトコンドリアにダメージがある細胞ではケトン体は利用できないことになります。

ガン細胞は、糖あるいはグルタミンのない状態では、ケトン体を与えても利用できないために死滅してしまいます。

さらに、いくつかのガン細胞にとっては、糖がある条件でもケトン体を与えると死滅してしまうことも報告されています。

ガン細胞とはまさしく、ミトコンドリアがダメージを受けた「ケトン体を利用できない」細胞なのです。

さらに血液中のケトン体濃度は血液中のインシュリン濃度と逆比例していることが分かっています。

つまり、ケトン濃度が高まるほど、インシュリン濃度が下がります。

インシュリン濃度が下がれば、ガンの主要な増殖経路(IGF-1経路)を絶つことができます。

ガンがケトーシス(血液中のケトン体濃度が高い状態)を嫌がるのは当然なのです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝