お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ビタミンやミネラルなどの組み合わせで特定の症状や部位に効果を発揮する

サプリメントの売り文句として、「目の疲れにはブルーベリー」とか、「お酒を飲む前にはオルニチン」など、症状や生活のシーンに合わせて、特定の単一成分を摂取することを推奨するものがあります。

このような宣伝の方法は、サプリメントに薬のような効果を期待し、薬のような使い方を薦めていると誤解されてしまう場合があります。

特定の部位に対して効果が期待される栄養素を摂取することで、その部位の機能を回復したり、高めたりするという方法は、必ずしも間違ったやり方ではありませんが、このような使い方をするときには注意すべき点がひとつあります。

それは、サプリメントは薬と違って単一の成分では、その効果を発揮しにくいものであるという点です。

栄養素は、元来、複合的に摂取することで効果を発揮するものであることから、特定の部位に対して効果が期待される栄養素であっても、その他の栄養素と組み合わせることで本来の期待される効果が得られるということになるのです。

つまり、演劇に脇役が必要であるように、主役であるサプリメントの成分がその力を発揮するには、それを活かす為のビタミンやミネラルなどの栄養素が必要なのです。

したがって、特定の部位に特に有効なサプリメントを摂取する場合でも、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などのいわゆるベースサプリメントをしっかりと摂取できていない場合、期待した効果が得られない場合があります。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝