お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

日本人は肉類の脂肪が血液中で固まりやすい

肉類を多く摂ると飽和脂肪酸の摂り過ぎになるので血管に負担がかかり、これが動脈硬化のリスクを高める結果となるわけですが、日本人の血液の温度の低さが、肉類を多く食べることによるリスクを、さらに高めています。

日本人の血液の温度は37~38℃となっていますが、それに対して羊は約44℃、牛と豚は約40℃、鶏は約42℃の血液の温度となっています。
これらの動物に触れてみると体温の高さが分かります。

羊や牛などに含まれる飽和脂肪酸は、その高めの温度の血液の中で溶けているため、それよりも温度が低い人間の血液の中では固まりやすくなります。
これが肉を多く食べると血液がドロドロになるといわれる理由です。

これらの肉類を多く食べてから数時間経つと固まった脂肪酸が血液の粘度を高くし、血液が流れにくくなります。
そのために、血液によって細胞に送られる酸素や栄養素の供給が低下し、細胞から排出される二酸化炭素や老廃物の除去も遅れるようになります。

獣肉類(牛、豚、鶏など)が恒温動物であるのに対して、魚類は棲息(せいそく)する環境によって体温が変化する変温動物です。
魚類は水温に合わせて血液の温度が変化して、暖かな海でも冷たい海でも生き延びることができます。

環境によって血液の温度に開きはあるものの、水の中に棲んでいるために人間の血液温度よりも低いのは当然です。
その低い温度の中で溶けているの不飽和脂肪酸であるため、それよりも温かな人間の血液の中では、さらに溶けやすくなります。
これが魚を食べると血液がサラサラになるといわれる理由となっています。

日本人は飽和脂肪酸が血液中で固まりやすいのに対して、血液の温度が高めの欧米人は、動物の血液の温度に近いために、日本人よりも飽和脂肪酸が固まりにくくなっています。
つまり、同じだけ脂肪が含まれた肉類を食べても健康被害が出にくく、逆に日本人が肉食を増やすと脂肪による健康被害が出やすいということです。

以前は高齢者の肉食は動脈硬化のリスクを高めるとの理由から、できるだけ減らすように指導されてきました。
ところが、今では「高齢者は肉を食べろ」といわれるように、肉食を増やすことが勧められています。
これは日本人が血管が弱い体質で、高齢者になると特に動物性タンパク質を十分に補っておかないと血管の老化が進むことが明らかになったからです。

しかし、肉類には脂肪が多く含まれており、日本人は脂肪を吸収しやすい体質であることを考えると、肉類なら何を食べても良いとは言えません。
同じ肉類であっても牛肉には動脈硬化のリスクを高める飽和脂肪酸が多く、豚肉は飽和脂肪酸が少なめになっています。
さらにそれよりも鶏肉の方が少ないです。
動脈硬化のリスクを考えるなら、飽和脂肪酸が少ない肉類が勧められるわけです。

この例としてよく出されるのが沖縄県の肉食と疾病の話です。
沖縄県は昔から肉食が盛んで、沖縄県は長寿日本一を誇っていたことから、肉食こそが長寿の秘訣といわれてきました。

ところが、2000年(平成12年)に「26ショック」と呼ばれる大きな変化が起こりました。
これは長寿県として過去に第1位であった沖縄県の男性の平均寿命が第26位と大きく下がり、そのギャップに沖縄県のみならず全国民が衝撃を受けたものでした。

1013年(平成25年)では男性は第30位、女性は第3位となっていて、これは「330ショック」と呼ばれています。
その原因として挙げられているのは、やはり肉食の増加です。

沖縄県は歴史的に肉食が多かったといっても豚肉が中心で、豚肉は動脈硬化のリスクを高める飽和脂肪酸が牛肉に比べて少なめで、不飽和脂肪酸が多く含まれています。

それに対して今、沖縄県で多く食べられているのは飽和脂肪酸が多く、不飽和脂肪酸の方が少ない牛肉となっています。
これは戦後にアメリカに統治された関係で牛肉が多く食べられ、今でも牛肉が安く流通されていることと関係しています。

肉類を多く食べていたから健康であったという考えは改めるべきであり、どんな種類の肉を食べていたかが重要となります。

これから私たちは体質に合わせて、どんな肉を食べるべきかを考えなければならず、そのヒントが沖縄県の食生活にあります。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝