お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

日本人は脂肪の燃焼効率が低いので肉の食べ過ぎには注意!

「夏でも靴下をはかないと足が冷えて眠れない」、「風呂上がりに靴下をはいて寝ているのに足が冷える」というように冷えの体質を訴える人は少なくありません。
特に、女性で手足の冷えに悩まされている人は多いようです。

冷え性の人も、体が温まりやすい人も血液の温度は変わらず37~38℃となっています。
その血液の熱によって温められた体が皮膚からの放熱によって温度が徐々に下げられ、体温計で測ると36~37℃となっています。
体温と血液の温度は、1℃ほどの差があるというわけです。

血流が良くて、次々と温かい血液が送られてくれば、その部分の温度は高めに保たれるようになります。
しかし、血流が良くないと皮膚からの放熱に熱の補充が追いつかなくなり、体が徐々に冷えていくことになります。
体が冷える人は、血流が良くない証拠と言えます。

血液の温度が37~38℃というのは日本人の場合であって、欧米人の血液の温度は39℃ほどと高めになっています。
春先や秋口の、日本人なら長袖に上着を着ないと少し寒さを感じるような季節でも、欧米から日本に旅行で訪れた方々は半袖で外出しているのを見かけることがあります。

屋外の国際的なスポーツ競技大会で小雨が降ってくると「欧米人が集まっているところだけ湯気が立っている」というのは運動関係者がよく口にすることです。
それだけ欧米人は体温が高くなっている証拠です。

全身の細胞は温まっている状態のときに代謝が高まりやすくなっています。
代謝が高まれば、細胞の中でエネルギーを作り出す能力も高まるため、さらに細胞が温まっていきます。
体が温かい人は、もっと体が温まり、逆に体が冷える人は、さらに冷えやすくなるということができます。

日本人と欧米人の血液の温度の違いは、歴史的に主に食べてきたものが関係しています。
日本人の主食は米飯です。
欧米人の主食はパンや麺類で、分類としては米飯と同じ糖質ではあるものの、“実際の主食は肉”といわれるほど欧米人は肉の消費量が多いようです。

ヨーロッパの文明は北方で発展したために、穀類を十分に摂ることができず、主なエネルギー源を肉類に頼ってきました。
肉類には脂肪が多く含まれることから、脂肪を効率的にエネルギーにして、血液の温度を高める能力が高まってきたわけです。

脂肪をエネルギーとして燃焼させるために必要な成分として、体内で合成される L-カルニチンがあります。
L-カルニチンは肉類に多く含まれており、歴史的に肉類を多く食べてきた人種は体内に L-カルニチンが多く蓄積されていきました。

この体質は、同じ寒い環境で暮らす人たちに遺伝によって伝えられていきました。
そのため、肉類を多く食べて脂肪をエネルギーとして燃焼させる高い能力が備わり、その分だけ多くの体熱を作ることができるようになりました。

欧米人だけでなく、アジア人の中でも中国や韓国、モンゴルなどの北方系の方々は歴史的に肉食が多かったことから、やはり脂肪を燃焼させる能力が高くなっています。

1日に必要とする消費エネルギー量のうち約70%は生命維持に使われる基礎代謝となっています。
その基礎代謝のうち約70%は体熱のために使われています。

つまり、1日に必要とする消費エネルギー量のうち約50%は体温を維持するために使われていて、北方系の人たちは脂肪を燃焼させる能力が高く、脂肪の健康被害が出にくい体質であるということがいえます。

逆にいうと、日本人は脂肪の燃焼効率が低く、脂肪を多く摂ることによって健康被害が出やすいため、欧米人と同じように肉類を食べてはいけないということになります。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝