お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

健康に良いはずのことも日本人にはダメージ

日本人が欧米人と同じだけの量のコレステロールを摂ったとすると、その吸収率は20%も高くなっているとの研究結果があります。
これは長い歴史の中で低栄養の時代が極めて長かった為に、脂肪を効率的に吸収できるように体が変化した為と説明されています。

日本人の腸は欧米人に比べて2メートルほども長いことが知られています。
欧米人に比べて体が小さいのに腸が長くなったのは、表面積を増やして、吸収する場所を増やすことで吸収量を増やす為の進化だと考えられています。

低栄養の時代にはメリットとなる特異な体質であっても、食生活が変わったことで逆にデメリットになってしまいました。
コレステロールの吸収が良い体質の日本人がコレステロールを多く摂ったら、悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールが血液中に増え過ぎることになります。
LDLコレステロールは動脈硬化のリスクを高めることが知られています。
このことが日本人の血管の病気を増やしてきました。

血液中のLDLコレステロールが多くなると、血液中の余分なコレステロールを運び去る働きをする善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールも多くなるのが通常のパターンです。
ところが、日本人は歴史的にLDLコレステロールが多くなったことがなかったので、HDLコレステロールを作り出す能力も低くなっています。

LDLコレステロールは、コレステロールが多く含まれる食事をしたり、全体的に摂取エネルギー量が増えると多くなっていくのに対して、HDLコレステロールを増やす成分としては不飽和脂肪酸のDHA、EPAが認められている程度です。
有酸素運動によってHDLコレステロールが増やせることは確認されていますが、ほとんど食事では増えないとされています。

このほかに食事で摂るエネルギー量が多くなると、肝臓で合成される中性脂肪も多くなりやすく、それも動脈硬化を進める要因になっています。
これも低栄養の時代には生き残るための優れた体質でしたが、今では危険度を高める体質ともなっています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝