お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

活性酸素を消去するものとは?

活性酸素を消去する働きがある体内の酵素は、ミネラルがあって初めて酵素として働くということを「体内には活性酸素を消す酵素がある」で紹介しましたが、ビタミンは別の仕組みで活性酸素を消去しています。
体内で発生した活性酸素は電子が1つ欠けていますので、足りない電子を与えることでバランスを整えて、それ以上は細胞の破壊が起こらないようにすることができます。
その電子を与える役目をビタミンA(β-カロテン)、ビタミンC、ビタミンEが担っています。

β-カロテンは植物に含まれていて、体内でビタミンAが不足したときにビタミンAに変化します。
ビタミンA(β-カロテン)は、活性酸素によって電子を奪われた細胞に、欠けた電子を直接的に与えていきます。

ビタミンEも同様に電子を与えますが、電子を与えてバランスが崩れると活性型ビタミンEに変化します。
この活性型ビタミンEは、活性酸素よりも細胞を破壊しやすくなっています。
これではビタミンEが豊富に含まれる食品を多く摂ることはマイナスに作用しかねません。
この難点を補っているのがビタミンCです。
ビタミンCには、単独でも活性酸素を消し去る働きがありますが、ビタミンCによって活性型ビタミンEは正常なビタミンEに戻ることができます。
ビタミンCによって正常な状態になったビタミンEは害がなくなるだけでなく、繰り返し活性酸素を消し去ることができるようになります。

これらの働きがあることから、3種類のビタミンは抗酸化ビタミンのエース(ACE)とも呼ばれています。

活性酸素には欠けた電子を取りやすいものから順番に奪って補うという性質があります。
体の細胞よりも電子を奪いやすいものが近くにあれば、細胞は活性酸素から電子を奪われなくなり、破壊から守られることになります。
その働きをしているのが抗酸化成分と呼ばれるもので、その代表的なものとして植物などに含まれている色素成分が挙げられます。

紫外線は活性酸素を多量に発生させますが、紫外線を浴びることで光合成を行なって成長する植物が、紫外線を浴びて活性酸素が多く発生して細胞が破壊されていたのでは、成長することも生き延びることもできなくなります。
そこで紫外線による活性酸素の発生に対応するために、抗酸化成分を色素の形で作り出して内部に溜め込んでいます。
植物の色素は紫外線が強いほど多くなり、濃くなる傾向があります。
太陽光が強い赤道に近い地域ほど植物の色は濃くなっていますので、濃い色の食品を食べることが抗酸化の有効な手段となります。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝