お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

体内には活性酸素を消す酵素がある

活性酸素が体の中で発生することを防ぐことができないことから、その対策として余分に発生した活性酸素を消去する方法が備えられています。
体内には活性酸素を消去する酵素として、SOD酵素(スーパーオキシドディスモターゼ)、グルタチオンペルオキシダーゼ、カタラーゼの3種類の酵素が存在しています。

SOD酵素は体内で活性酸素が発生すると、すぐに欠けている電子を与えて過酸化水素に変える働きをします。
SOD酵素にはマンガンを補酵素にしてミトコンドリア内で作られるマンガンSODと、亜鉛や銅を補酵素にして細胞内で作られる亜鉛SODと銅SODとがあります。
SOD酵素によって変えられた過酸化水素はグルタチオンペルオキシダーゼとカタラーゼによって水に変えられ、活性酸素は消去されます。
グルタチオンペルオキシダーゼはセレンを、カタラーゼは鉄を補酵素としています。
これらの補酵素であるミネラル(亜鉛、銅、セレン、鉄)は通常の食生活では不足しがちです。

これらの酵素が十分に働いていれば活性酸素によって体が傷つけられることはないはずですが、その酵素の働きは加齢につれて低下していきます。
若いときには、活性酸素を発生させる大きな原因である紫外線を浴びても、肌荒れやシミなどを心配することはなかったものの、年齢を重ねるにつれて紫外線を浴びることで、肌荒れ、シミができやすくなります。
女性の場合には25歳が「お肌の曲がり角」といわれていますが、この年齢を境にしてSOD酵素の働きが急に低下することによって活性酸素の消去が追いつかなくなり、皮膚の細胞の破壊が進んでいきます。

破壊されるのは皮膚の細胞だけではなく、体内の細胞も同じように活性酸素によって破壊されています。
体の中の変化は外からは見ることができませんが、年齢が進むほど活性酸素への対応が必要となってきます。

SOD酵素、グルタチオンペルオキシダーゼ、カタラーゼは、タンパク質の他に亜鉛、銅、マンガン、セレン、鉄といったミネラルから構成されています。
これらのミネラルは酵素を働かせる補酵素としての役割をしています。
それらの働きが低下している場合には、これらのミネラルが含まれている食品を補給することで、ある程度は抗酸化力を高めることはできます。
しかし、現在のように活性酸素が多量に発生する環境で、しかも食べ物に含まれるミネラルが低下している中にあっては、食事だけでミネラルを補給して活性酸素に打ち克つのは困難になっています。

こういった抗酸化酵素とともに、ミトコンドリア内でエネルギー産生の目的で働くコエンザイムQ10、R-αリポ酸、L-カルニチンといったヒトケミカルも、活性酸素の除去に重要な生体内で作られている抗酸化物質です。

しかしながら、これらのヒトケミカルは20歳を境に生体内生産量は減少します。
そこで、20歳以降は活性酸素を減らす生活を心がけるとともに積極的にヒトケミカルを摂取する必要があります。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝