お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

動脈硬化の最大の原因はコレステロールの酸化

活性酸素はコレステロールを酸化させて動脈硬化を進める大きな要因となっています。
活性酸素は血液中のLDLコレステロールを酸化させます。
コレステロールは健康維持に欠かせないものであり、LDLコレステロールも必要なものですので、血液中にLDLコレステロールが多くなっても白血球の一種であるマクロファージが取り入れて処理するようなことはありません。

ところが、LDLコレステロールが活性酸素によって酸化されると酸化(変性)LDLコレステロールとなり、これをマクロファージは異物と認識するため、内部に次々に取り入れて処理する貪食(どんしょく)が始まります。

マクロファージは限界まで酸化LDLコレステロールを貪食すると活動をやめて、血管の内壁に潜り込んでいきます。
これが続くと、だんだんと血管壁が硬くなり、内側に盛り上がって血管の内径が狭くなっていきます。
これが動脈硬化の大きな原因であり、血管が狭くなって血流が低下するために全身に影響が出るようになります。

この狭くなり、硬くなった状態で血栓ができると血管が詰まりやすくなります。
血管が詰まると、そこから先には血液が送られなくなり、先の細胞が死滅したり、臓器の機能が大きく低下することになります。

これが心筋梗塞や脳梗塞の原因で、血栓が詰まったところが脳や心臓の血管であれば、死にも繋がりかねません。

また、血栓が詰まったところに強い圧力がかかると、血管が破れて大出血が起こることもあります。

動脈硬化はLDLコレステロールが血液中に多くなりすぎることだけではなく、活性酸素によってコレステロールが酸化することが重要な問題であり、活性酸素が体内で多く発生しないようにすることが血管を根本的に守ることになります。

また、活性酸素は血液中に多くあることから、活性酸素そのものによっても血管は傷つけられ、弾力性が失われていきます。
これだけでも血流が悪くなりますが、血液中の中性脂肪も活性酸素によって酸化することで血液が粘性を持つようになり、いわゆるベタついた状態になって、ますます血流が悪くなっていきます。
酸化した中性脂肪はアテロームと呼ばれる粥(かゆ)状の脂肪となって、血管壁に付着することで血管壁の細胞を劣化させていきます。
これも動脈硬化の原因の1つとなっています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝