お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

男性は免疫力が弱い

免疫は軍隊に例えられることがあります。
強い軍隊であっても外敵と味方の区別ができないのでは、的確に外敵だけを攻撃することはできません。
そこで免疫を有効に働かせて外敵と戦うためには、まずはレーダーで捉えた外敵と味方を識別する能力が必要になります。
レーダーの役目をしているのが自律神経やホルモン調整などを行っている中枢神経です。

免疫を司(つかさど)っているのは免疫細胞と呼ばれる白血球とリンパ球です。
白血球もリンパ球も血液中や細胞の周りなど全身をパトロールしていて、外敵を発見したら、そこに集まって処理を始めます。

白血球は好中球とマクロファージに大きく分けられます。
好中球は小さな白血球で、病原菌や有害物質などを食べるようにして内部に取り込んで分解・処理していきます。
1つひとつは小さく、処理できる量も限られているものの、非常に数が多く、数の力で対応しています。
好中球は軍隊でいえば軽装備しか持っていない歩兵に相当します。

マクロファージは大きな白血球で、数多くの外敵を貪食します。
戦車のように大量の外敵と戦えるわけですが、好中球が単に外敵を食べて処理するのに対して、マクロファージは、外敵の種類や強さ、処理の情報を伝えるサイン物質のサイトカインを外に出します。
このサイン物質を受けて次に より強い軍隊に当たるリンパ球が働き出します。

このほかに、寄生虫の攻撃やアレルギー反応の抑制(よくせい)などをしている好酸球があります。

リンパ球にはB細胞とT細胞とがあります。
B細胞は骨髄で増殖し、外敵に合わせた抗体を作り出して外敵と戦います。
抗体は1種類の外敵にだけ有効なもので、その抗体を作る情報はB細胞の中に組み込まれています。
つまり、未知の外敵に対してB細胞は、あらかじめ対応できるだけの情報を膨大に準備していることになります。

T細胞は骨髄で作られたあと、胸腺で成熟して活動能力を高めていきます。
T細胞には、その役目によってヘルパーT細胞、キラーT細胞、サプレッサーT細胞、ナチュラルキラー細胞の4種類に分けられます。

ヘルパーT細胞は、B細胞が抗体を作り出すのを助けます。
キラーT細胞は、外敵を直接的に攻撃するミサイルに例えられます。
キラーT細胞は働きすぎて外敵だけでなく味方である自分の体の細胞を傷つけることがあります。
これが免疫異常やアレルギーの原因となっていますが、働き過ぎを抑えて免疫作用を調整するのがサプレッサーT細胞の役割です。
ナチュラルキラー細胞は腫瘍(しゅよう)を主に攻撃して破壊する働きがあります。

T細胞は胸腺で成熟していきますが、胸腺は15歳ころまで成長し、それ以降は退縮していき、40歳を過ぎると機能が徐々に失われていきます。
40歳を過ぎると免疫力が低下し続けるのは、胸腺の機能が低下して、T細胞の働きが低下することに関係しています。

免疫力の強さは、免疫細胞の数と活動能力だけによって決まるものではありません。

男性と女性を比べると、がんで亡くなる人の数は男性は女性の1.5倍ほどになっています。
その理由の1つとしてホルモンの違いが挙げられます。
女性ホルモンはリンパ球のB細胞が抗体を作る力を高めるのに対して、男性ホルモンは逆に抗体を作る力を弱めていくことが知られています。

男性はストレスに弱いことが指摘されていますが、精神的なストレスが高まると病原菌などを察知するレーダーの能力が落ち、免疫細胞の働きも低下していきます。

男性はストレスがかかる場面にいることが多いうえに、そもそもストレスに弱い脳となっています。

脳は創造的な働きをする右脳と、機械的な働きを得意とする左脳に分かれています。
右脳と左脳は脳梁(のうりょう)というブリッジで結ばれていますが、女性の脳梁の太さは男性の2倍ほどもあり、左右の脳をバランスよく使うことができるために、ストレスが溜まりにくくなっています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝